読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくらいの落書き

ノージャンルのブログです。

彼女いない=仕事できないと思われるのは何故か

就活をした事があるならば、一度は見た事聞いた事があるんじゃないかと思われる、彼女いないやつは仕事できないという意見。


これについて、俺は就活時現役バリバリ純度100%の童貞だったので、いやいや、そこに相関性ねえから!!


真面目な童貞より、チャラ男の方が仕事できるとかどういうことだよ?と全力で反感を持っていました。


しかし、最近というか恋愛活動に本腰入れるようになってから、これ一理あるな、と思うことがあります。


ただ、これは恋愛が得意、不得意ということが本質の話ではなくて。


まず、二十代で童貞というか、彼女いない歴=年齢ってどういう事かというと、大半の場合が性欲という強力なモチベーションがあるにも関わらず、具体的に女を得るための活動をしてこなかった、と言えます。


逆に、彼女を作った男というのは勇気を持ち、自分なりに試行錯誤して、行動した結果彼女ができたという場合が多いんではないかなと。

(勝手に寄ってくるガチイケメンは除きますがw)


現代はネット等で簡単にネタが集まるので、易きに流れて行動せずとも、性欲自体は発散することが出来ます。

わざわざ恥かいたり頑張ったりして彼女作らなくても、なんとかなってしまう。


そのせいか、最近恋愛なんてやりたい奴がやれば良いもの、強制する風潮がウザいみたいな意見も見かけます。


確かにそれも一理あって、恋愛なんて誰に命令されるでもなく、個人が"自主的に"やることではある。


社会人になってわかってきたんですが、この"自主的に"やる、という部分、これ仕事において結構重要な要素なんですよね。


新人の頃は言われた事をやってればいいんですが、ある程度経つと、自分から学んで、自分で考えて、言われなくともやらなきゃいけない場面が出てきます。


これって、普通に学生やってるだけではあまり経験してこないことです。


彼女いたこと無い男に多い属性って、自分や周りの友人も中高時代そうだったんですが、校則はしっかり守って、制服も髪も眉も弄らず、勉強もそこそこやっていて、先生から見たら優等生や、まあ問題は起こさない安心な生徒みたいな感じだと思うんですよ。


反対に、モテてたやつというのは校則破って髪染めたり、眉は弄ったり制服は非正規の物を着たり、といった中の一つは少なくともやってました。


前者は真面目、後者は不真面目という見方ができますが、考えようによっては、前者は言われた事を守ってるだけ、後者はルールに盲目的に従うことをせず、自分で考えて良いと思った物を取り入れているとも取れます。


当時はわからなかったんですが、モテる奴らがなんでルールを破るかって、そっちの方がイケてるから、つまりモテると思うからやってたわけです。


モテたい、彼女作りたいという欲求に対して、自分なりに考えて自主的に行動していたんですね。その結果彼女を作ることができた。


逆に非モテ側は、欲求に対して具体的な行動をせず、とりあえずルールを守ってただけです。


モテ側は学生としては不真面目に見えても、恋愛という側面においては、自主的に考えて行動をし、結果を出していたと言えます。

(積極的に校則を破れということを言いたいわけではありません。)


社会人は、まず、生きていく為に金を稼ぐ必要があるので働きます。


プラスαで、仕事において自分が思う結果を出し、上を目指す為に自己研鑽に励みます。

これは自己実現の欲求です。

仕事で結果を出したいという、自己実現の為のモチベーションがあるから、自主的に行動し、努力ができます。


思うんですが、男にとって、自己実現の欲求とは性欲より強いものでしょうか。

人によってはそうかもしれませんが、若い男であれば性欲の方が強いはずです。


それだけ強力な欲求に対して、自主的に行動して結果を出そうとした男と、そうで無いガチ非モテ


どっちが仕事で結果を出しそうかというと、俺はおそらく前者では無いかなと思います。


非モテでも仕事に自分なりの意義を見出して努力する人もいるので、一概には言えませんが、非モテ男というのは保守的で行動力に乏しい場合が割合として多い。


仕事で結果を出すのに、行動力は必須の要素。


そんなわけで、主題のような意見も一理あるなと思った次第です。


個人的に、恋愛活動に本腰入れ始めてから、(時期的なものもあったかもしれませんが)仕事においても自主性の大切さを感じてきた部分があって、非モテの頃には見えなかった事が色々見えてきました。


まだ学生だったり、社会人になったばかりで彼女いたことが無いという男性は、仕事でもプライベートでも、絶対何かしらのプラスがあるはずなので、恋愛活動を頑張ってみるべきだと思った次第です。