読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくらいの落書き

ノージャンルのブログです。

4℃と思い出のクリスマス

某年12月。

彼女と付き合って数ヶ月が経ち、さくらいが辿り着いた結果(さき)は初めて彼女と共にクリスマスを迎えられることに対する感謝であった。

クリスマス童貞を捧げる彼女への限りなく大きな愛。

自分なりに少しでも返そうと思い立ったのが、

クリスマス ネックレス プレゼントと入力してのGoogle検索。


いくつかサイトが出てきた。


クリスマス童貞だった俺は、もう全幅の信頼をおいて上位表示されたサイトをむしゃぶりつくように読む。

某サイトの一番上に、見慣れない(非モテ男子にとっては)ブランドが現れた。


サイト例:http://conveni7.com/christmas-present-necklace-23


そのブランドの名前は


4℃


世界最強の企業Googleと、クリスマス童貞の俺とで見つけたブランドなんだ。

これを渡せばクリスマスのプランは完璧に違いない。

彼女の笑顔を信じて疑わなかった。


実は、勇気のない非モテだった俺には、一つ4℃と共に越えなければならない壁があった。

付き合って数ヶ月なのに、まだ未セクだったのである・・・

クリスマスを理由に勝負をかけるんだ・・・

4℃と一緒に、卒業するんだ!


ラブホが満室だったら嫌なので、了承を貰ってシティホテルを予約したかった俺は、クリスマス前夜、彼女に「明日は朝まで一緒にいたいんだけど、どうかな?」とラインした。


徐々に顔を上げ始めたリトルの仰角が、4°に到達する。


が、


既読スルーされ、返信がないまま当日を迎えてしまった。


クリスマス当日の彼女は、心なしかいつもよりメイクが濃かった。(しかし当時の俺には彼女の心境を察することができなかった。)


一緒に映画を観るも、意見が食い違う。嫌な予感がする。イルミネーションを見るも、俺がキモい行動をするせいで、2人の温度が、ちょっと(4℃)下がる。


考えに考えて決めた夕食のお店は、写メ詐欺だった。


彼女の心の温度が、静かに4℃下がった気がした。


その後、彼女が風邪気味だったことをきっかけに、些細なことで喧嘩になり、散々な状態でプレゼントを渡すことになってしまった。

彼女の好きなブランドの、四角く膨らんだ小物入れを渡す。


「中開けてみてよ」俺はドヤ顔で言った。


現れた4℃のロゴマーク。白い箱に青いリボン。

彼女(アラサー)は喜んでくれた。本当に喜んでくれていた。

ように見えた。


彼女からのお返しは、素晴らしいプレゼントだった。

今でも大事にしているくらいに。


しかし、初の喧嘩だったせいか、やっぱり少しギクシャクしたまま店を出る。


彼女に「この後どうしよっか?」と言われるも、前日の既読スルーをノーととっていた俺は、そこで朝まで一緒にいようと言わず、「風邪ひいてるみたいだし、今日は帰ろう」と言ってしまった。


駅で別れる時の彼女の表情から、なんとなく、もう会う事はないようが気がしていた。


解散後彼女から喧嘩について謝罪のラインが届くも、俺は2人の距離が一歩も縮められなかった落胆から、塩対応で返してしまう。


その後、反応が悪くなり始め、初詣に誘うも未読スルーされてしまい、数週間の後長文の別れましょうラインが届いた。


俺のアフターフォローのせいで、彼女の気持ちは、4℃よりも遥かに冷たくなってしまっていたのだ。


2人の関係を維持するのに大切なのは、プレゼントよりも相手の気持ちを汲み取った行動だということ、一度冷めてしまった気持ちは、どんなに素敵なプレゼントを渡したところで、もう温まることはないということを、私は4℃に教わりました。


Twitter住民のオシャレブランド4℃に対する対応は体感温度4℃ですが

俺が別れてしまった原因は、4℃のせいじゃ決してないだろうし、今でも俺のプレゼントしたネックレスは彼女の胸元で輝いているんじゃないかと思っている。



4℃disられがちだけど、悪いのは4℃じゃなくて、好きな人からプレゼントを貰えるという事に慣れて、もっと良いものをもっと高いものをという欲望に飲み込まれ、汚れてしまった心の方なんだ。



散策師さくらいは、オシャレブランド4℃と、4℃をプレゼントする全男子、それを喜んで受け取れる全女子を応援しています。





挨拶される女性はモテる

街を散策中に声をかけることを、私は挨拶と呼んでいます。


街を散策していて挨拶する理由は、男によって色々ある。

その日限りの関係を楽しみたい、可愛い子とセクがしたい、理想の彼女が欲しい等々。


各々の理由によって声をかける層は異なるが、一般的には外見が魅力的、もしくは声をかけやすい雰囲気の子がかけられやすい。


これは個人的な意見だが、相当慣れている人か、本当に美女しか声をかけないと決めている人でない限り、近寄り難い雰囲気の美女と人の良さそうな雰囲気のそこそこ可愛い子の2択だったらほとんどの人が後者に声をかけるだろう。


そういった理由から、女性達の中には街で声をかけられた=ヤれそうと思われた、軽そうと思われた、安い女に見られた、とネガティヴな意見を持つ人がいるが、それはちょっと違う。



『街で挨拶される女性は、皆魅力的(=モテ女)なのだ』



まず大前提として、街で知らない人に挨拶するハードルというのは物凄く高い。

そのハードルを越えてまで声を掛けようというのだから、魅力を感じないような相手では割に合わないのだ。(性欲モンスターエンジンは除く)


一定以上の外見的魅力があるのは当然として、一番重要なのは声のかけやすい雰囲気、これに尽きる。

遊び人男の戯言では断じてない。


女は愛嬌という言葉がある。多分本質はここにある。

街というアウェイですら声をかけやすいと思わせるということは、もっと身近なコミュニティだったり、外部との出会いである合コン、街コン等なら尚更かけやすいということだ。


声をかけやすい=コミュニケーションの最初の一歩を男側が踏み出しやすいという事でもある。

恋愛は基本的に、男から始めるものだ。女が魅力で惹きつけて男がアプローチをする。

学校だろうが、職場だろうが、飲み会だろうが、街中だろうが本質は変わらない。



そして、街を散策して結果を出してるような男達はピンキリではあるものの、間違いなく恋愛コミュニケーションの強者だ。

男の恋愛において何よりも重要な、一歩を踏み出す勇気をしっかり持っている。


しかし、そんな強いメンタルを持ち、魅力的だと思った女にしっかりアプローチ出来る男の数は多くない。

現代の日本は、女が苦手だ、傷つくのが怖い、挙げ句の果てには恋愛には興味がないと言い出す男が、半数近くもいるのが実情である。


そんな状況下であることを考えれば、話しかけやすい雰囲気とは、女のモテ要素においてかなり重要な割合を占めていることがわかると思う。

遊び人じゃなくて誠実な男(経験が少ないのでメンタル強くない)が良いなら尚更だ。


逆に、美人なのにモテないという人は間違いなく、ここに原因がある。

(職場等で、内面の悪さが知れ渡っている等の理由でもない限りは。)


今の近寄り難い雰囲気をなんとかしよう。

そこまで可愛くないのになぜかモテる友人(勘違い穴モテは除く)から、学ぶんだ。



もしくは、街を歩くといい。

俺が挨拶しに行く。




もちろん、雰囲気のレベルによっては当然のように地蔵※1するけどなw




※1地蔵・・・http://takoyaki33kun.hatenadiary.jp/entry/2015/10/11/000620





合流をされているスト師の方々への提案

どうも、最近絶望的な結果を出している事が数字として発覚してしまった散策師こと、さくらいですw


今回はブログって感じではないんですがw

一つ面白い事を考えついたので、街へ散策に出かける際に合流されることの多い、特にストを始めて少し経ったくらいの方に、提案があります。


私自身、近い内にやれれば、リア友か何度か合流させていただいてる方とやってみたいなと思っているのですが・・・


それは何かというと、合流して飲んでいる時にブレーンストーミングを行うというものです。

おそらくベテランの方はアドリブでオープナーを考えて、流れで会話を盛り上げていくことが出来ているのであまり必要ないんですが、初心者や私のようなコミュ障だとオープンしても盛り上がらなかったり、ガンシカを崩すことがほとんど出来ないという問題があります。


それを解決すべく、ブレーンストーミングを行おうというわけです。

まずオープナーなりガンシカ崩しなりのテーマを決めて、皆んなで意見を出し合います。

その際、各々の経験から学んだ事、有効だったオープナー、切り返し等の意見を出していき、それについて皆でさらに笑いを取れるのではないかというものにブラッシュアップしていけば、1人で考えるよりもかなり有効なトークスクリプトが、短時間で出来るのではないかと思うのです。


そして、出来上がったものを早速街で試してみて、その結果を次回の集まりなり、グルチャなりで報告しあえば、中々面白いことになるんじゃないでしょうか。


私はたまに1人でオープナーやガンシカ崩しを考えてみたりするんですが(思いつくたびにメモってますw)、ストリートに立ってからだと緊張感からか中々良いのが浮かんでこないんですね。


だから、やっぱり机上の空論ではあるけれど、落ち着いてじっくり考えた方がウケそうなトークが出てくるもんだなと思った時に、これを皆でやったら各々のセンスで色んな切り口からウケるネタを作れるんじゃないかという考えに至りました。


長々飲んでいて街から人がいなくなってしまっては問題なので、時間短縮のために各自が事前に考えてきて発表し合うというのもいいかもしれません。




ただ、一つ問題があって・・・


これめちゃくちゃ恥ずかしい気がするんですよねw

一発芸を披露するのに似た気恥ずかしさがあるというかw


そこで、初めの方で書いたように、ある程度気心の知れた仲間でやりたいなと思った次第ですw

ストリートでストイックに頑張る皆さんにとって、少しでも参考になれば幸いです。


美人でなくてもたった1人の本命になれる戦略3選

タイトルちょいふざけましたがw、前々から書きたかったテーマがありました。

本命彼女になれるか否かの違いはどこにあるのか、というものです。

巷ではセクのタイミングが早過ぎるとセフレにされる、という主に女性側から主張される意見が一般的ですが、私はそうは思いません。

ある程度の選択肢がある男性達、要するに「色んな女に求められているモテ男」は別の意見を持っているはずです。


それは、「出会った女性を彼女にするかしないかは、出会った瞬間にある程度決まっている」というものです。

類似テーマで大御所のヒデヨシさんが記事を書かれていますhttp://oreno-yuigon.hatenablog.com/entry/2016/09/09/011859

ぶっちゃけ俺もこんな子だったら彼女にしたいっす(笑)



記事の感想はさておき私の方は、皆大好きモテ男の彼女になれるか否かを説明するのに、恋愛工学等で有名なACSモデルで説明できると考えました。


ACSモデルについてはこちらで書いてます。http://takoyaki33kun.hatenadiary.jp/entry/2015/08/01/220849 

簡単に言うと、魅了して(A)、和んで(C)、セクに持ち込む(S)ということです。 序盤のA、CをクリアしてないとSにはたどり着けないとされています。 恋愛工学は男性の為の恋愛理論ですが、このACSについては女性にも当てはまるように思いました。 

ただ、女性の場合はSの部分がセクではなく、彼女になる、に置き換わります。 

 男性がルックスや雰囲気、トークなどの総合点でAフェーズをクリアするのに対し、女性の場合はほぼルックスのみでAフェーズを突破できます。 


ここでちょっと違うのは、Aを越えるためのハードル(デートして口説きたいなと思う閾値)が女性に比べて男性は結構低いということです。 つまり、生理的に無理でなければ一応アリ判定が出て、よし、口説こう!となります。 

しかし、これは彼女としてアリではなくセクする対象としてアリ、ということで、口説いてきた=彼女にしたい、ではありません。  


女性のルックスが狙っている男性史上最高であった場合、つまり圧倒的な美女などは、例外として最初から彼女としてアリになります。

よく言われている早くセクしてしまうと本命にはなれない、の反例がこれに当たります。

極端ではありますが

『佐々◯希や広瀬す◯、ガッ◯ーと初回デートでセクしたからって彼女にしないやつ、いんの?』
ということです。
圧倒的に魅力的であればいつやったかなんて些細な問題にしかならない。

恋愛市場の圧倒的強者、美女



また、一部のモテ男、遊び人達の場合は最初から遊ぶつもり、ということがままあります・・・


いずれにせよ、セクしたいと思われた時点で男性側からはモーションがくるので、自分がどのカテゴリに入っているのかは正直女性側からは判断がつきません。

しかし、男性側はもう答えが出てしまっているケースが多い。


 そして第一印象のAフェーズを経て、お互いの事を知っていくCフェーズ(デート等)に入っていきます。 
ここでお互いの内面を知っていくわけですが、もし男性の中で女性の評価が当落線上にあった場合、ここで内面の素晴らしさを見せる(その男性にとって、彼女に対して求めているものを持っていることをアピールする)ことが出来れば彼女候補に選ばれる可能性が上がります。

※逆にAフェーズでは彼女候補と思われていたのに、内面が悪すぎて体の関係だけで(ワンチャンできれば)良いや、と思われることもあります。
そしてここでも難しいのが、自分の中でどういう評価に変わっていても、男性側は女性を楽しませてセクまで持っていこうとする姿勢を崩さないので、結局どう思っているのか判断がつかないということです。


 次に男の中ではゴールであるSフェーズに移っていくわけですが、女性側のゴールは、本命に選ばれる事なのでここはCフェーズの後半と言えます。 
基本的には女性側に主導権がありますが、彼女になりたいからといって、ここで付き合わないとしないとか言って言質を取る事には、正直あまり意味がありません。
付き合う付き合わないというのは所詮口約束でしかなく、お互いが本当に良いと思っていなければ良好な関係を築く事も、長続きしてゆくゆくは結婚するという事も出来ないからです。
そんな事より、セクの内容を充実させて男を虜にしてやるぐらいの気概で臨んだ方が、よっぽど効果的です。

セクが終了してから、男の中で大きな変化が起こります。
それまで性欲に支配されて霞がかかり、目の前の女性をモノにする事だけに熱中していた頭が、一気に冷静になっていくという、俗に言う賢者タイムの到来です。
セクの時点では当落線上にあった場合、男性は冷静になった(チン◯から解放された)頭で、俺は本当にこの子の事が好きなのか?と考えます。
そして、女性達が大好きなモテ男の場合、他にいる数多の彼女候補達、もしくは彼女(既にいるパターン)と比べて実際どうなのかと。

ここで、総合的に見て貴女が一番!となれば晴れて本命彼女になりますし、まあアリだけど1番では無いなとなればそこは男の方針によりますが、名目が彼女になるか、とりあえずのキープになるかとなり、うん、好きじゃ無いな、となれば音信不通になります。
ここまで来てようやく、その男の対応から自分への評価がわかるわけです。
体の相性がわからないと付き合えないはある意味真実なんですね。

じゃあ結局セクするまで判断つかねえじゃねえか!

そうなんです。女性側で何とかできる要素があるとすれば、Aでぶっちぎるか、Cでちょっと加点してくくらいで、それすら男側が最初から遊びのつもりであれば意味がありません。

競争は激しいし、自分から出来る対策も少ないしでかなり厳しい戦いだということがわかります。

ただ、今まで説明してきたのは出会いが多かったり、自分から出会いを作ることのできる、モテカースト上位の男達の話です。

そして上で紹介したヒデヨシさんの記事は、そういったモテ男と付き合うことを目的とした戦略です。

一方私がオススメするのは、モテ男は最初から切り捨てていくという、ブルーオーシャン戦略です。
簡単に言うと、競り合いの少ないブルーオーシャン男(ブル男)のみを狙っていくというものです。

・刺激はなくても大事にしてくれる彼氏が欲しい。
・見た目レベルは良くて中の上だと思う(恋愛市場における絶対強者、美女ではない。)
・ゆくゆくは結婚も考えられる誠実な人が良い。

この3つに当てはまるという人、つまり恋愛において絶対強者ではない、かつ結婚を目的に恋愛したいという女性にオススメします。

戦略は3つだけあって、
1つ目はペアーズでも紹介でも合コンでも良いので、メーカーの技術職、男比率が高そうな職業、もしくは理系出身の男(大抵がブル男です。)から相手を選ぶ。これです。

今までイケイケの男と付き合ってきた、イケメンが好き、エスコートしてくれない男とか無理、という方には難しいかもしれませんが、上の条件を満たすだけで、ほぼ確実に遊び人がふるい落とされます。

理系出身の男は周りに女がいない、女周りの良い知り合いもいない、というパターンがほとんどです。
つまりブル男の宝庫なんです。
ちなみに経験のない男性は拗らせてさえいなければ、基本的には女性を大事に扱います。


2つ目は基本的には待ちの姿勢を貫くこと。
自分からあからさまに追いかけてはいけません。
男が追いかけ、アピールして女はそれを品定めするというのが、生物界のルールです。
※ブル男達は基本的に積極性に乏しいので、ちょっと誘いやすくしてあげる必要がある場合はあります。


3つ目は最後のスクリーニングとして、デートに行った際に一回目のデートで仕掛けられた、もしくは付き合う前の早い段階に体の関係を求めてきた、という場合はどんなに魅力的でも損切りする、ということです。

理由は、一回目から仕掛けられるのはかなりの手練れの遊び人であること、更に言えば上で書いていたような競り合いの多い男だからです。
そういう男の中で一番になるのは、相当厳しい。
魅力的かもしれないけども。


というわけで、婚活に励む女性陣はイケメンで話が面白くて高年収の誠実な男、みたいな幻獣を追いかけるのではなく、刺激は少ないかもしれませんが浮気の心配がいらない、安定収入の堅実男達ブル男を狙う戦略をとってみては如何でしょうか。

彼女いない=仕事できないと思われるのは何故か

就活をした事があるならば、一度は見た事聞いた事があるんじゃないかと思われる、彼女いないやつは仕事できないという意見。


これについて、俺は就活時現役バリバリ純度100%の童貞だったので、いやいや、そこに相関性ねえから!!


真面目な童貞より、チャラ男の方が仕事できるとかどういうことだよ?と全力で反感を持っていました。


しかし、最近というか恋愛活動に本腰入れるようになってから、これ一理あるな、と思うことがあります。


ただ、これは恋愛が得意、不得意ということが本質の話ではなくて。


まず、二十代で童貞というか、彼女いない歴=年齢ってどういう事かというと、大半の場合が性欲という強力なモチベーションがあるにも関わらず、具体的に女を得るための活動をしてこなかった、と言えます。


逆に、彼女を作った男というのは勇気を持ち、自分なりに試行錯誤して、行動した結果彼女ができたという場合が多いんではないかなと。

(勝手に寄ってくるガチイケメンは除きますがw)


現代はネット等で簡単にネタが集まるので、易きに流れて行動せずとも、性欲自体は発散することが出来ます。

わざわざ恥かいたり頑張ったりして彼女作らなくても、なんとかなってしまう。


そのせいか、最近恋愛なんてやりたい奴がやれば良いもの、強制する風潮がウザいみたいな意見も見かけます。


確かにそれも一理あって、恋愛なんて誰に命令されるでもなく、個人が"自主的に"やることではある。


社会人になってわかってきたんですが、この"自主的に"やる、という部分、これ仕事において結構重要な要素なんですよね。


新人の頃は言われた事をやってればいいんですが、ある程度経つと、自分から学んで、自分で考えて、言われなくともやらなきゃいけない場面が出てきます。


これって、普通に学生やってるだけではあまり経験してこないことです。


彼女いたこと無い男に多い属性って、自分や周りの友人も中高時代そうだったんですが、校則はしっかり守って、制服も髪も眉も弄らず、勉強もそこそこやっていて、先生から見たら優等生や、まあ問題は起こさない安心な生徒みたいな感じだと思うんですよ。


反対に、モテてたやつというのは校則破って髪染めたり、眉は弄ったり制服は非正規の物を着たり、といった中の一つは少なくともやってました。


前者は真面目、後者は不真面目という見方ができますが、考えようによっては、前者は言われた事を守ってるだけ、後者はルールに盲目的に従うことをせず、自分で考えて良いと思った物を取り入れているとも取れます。


当時はわからなかったんですが、モテる奴らがなんでルールを破るかって、そっちの方がイケてるから、つまりモテると思うからやってたわけです。


モテたい、彼女作りたいという欲求に対して、自分なりに考えて自主的に行動していたんですね。その結果彼女を作ることができた。


逆に非モテ側は、欲求に対して具体的な行動をせず、とりあえずルールを守ってただけです。


モテ側は学生としては不真面目に見えても、恋愛という側面においては、自主的に考えて行動をし、結果を出していたと言えます。

(積極的に校則を破れということを言いたいわけではありません。)


社会人は、まず、生きていく為に金を稼ぐ必要があるので働きます。


プラスαで、仕事において自分が思う結果を出し、上を目指す為に自己研鑽に励みます。

これは自己実現の欲求です。

仕事で結果を出したいという、自己実現の為のモチベーションがあるから、自主的に行動し、努力ができます。


思うんですが、男にとって、自己実現の欲求とは性欲より強いものでしょうか。

人によってはそうかもしれませんが、若い男であれば性欲の方が強いはずです。


それだけ強力な欲求に対して、自主的に行動して結果を出そうとした男と、そうで無いガチ非モテ


どっちが仕事で結果を出しそうかというと、俺はおそらく前者では無いかなと思います。


非モテでも仕事に自分なりの意義を見出して努力する人もいるので、一概には言えませんが、非モテ男というのは保守的で行動力に乏しい場合が割合として多い。


仕事で結果を出すのに、行動力は必須の要素。


そんなわけで、主題のような意見も一理あるなと思った次第です。


個人的に、恋愛活動に本腰入れ始めてから、(時期的なものもあったかもしれませんが)仕事においても自主性の大切さを感じてきた部分があって、非モテの頃には見えなかった事が色々見えてきました。


まだ学生だったり、社会人になったばかりで彼女いたことが無いという男性は、仕事でもプライベートでも、絶対何かしらのプラスがあるはずなので、恋愛活動を頑張ってみるべきだと思った次第です。


自重トレーニングのススメ

どうも、ロースペトレーニーのさくらいです。


読者登録しているブログにこんな記事がありました。

http://oreno-yuigon.hatenablog.com/entry/2016/08/28/174006


ジムが遠いと筋トレを継続しようという気持ちを阻害してしまう。だからとにかく近場のジムに通うべきである。

確かにその通りだなと。


ただ、記事を読んでいてふと、筋トレはジムで行うものであるという前提が、社会人で筋トレを始めようとする人達にあるような気がしました。


確かに、ジムには色んな器具があって鍛えたい部位を的確に鍛えることができます。

ジムでトレーニングすることを否定するわけではありません。


しかし、目的によっては家で筋トレでも別に良いんじゃないか、移動時間は実質ゼロで、何時でもやりたい時にやれるので、自宅で自重トレーニングも悪くないという事を伝えたいなと思いました。



まずメリットとして


・初期費用としてヨガマット等(床で腹筋すると腰が痛いのでw)を購入する以外に費用がかからない。


探したらこんな感じのがありました。


・時間的な縛りがない。


・基本的に自重で行うので、怪我をしにくい。


といったものがあります。



逆にデメリットとしては


・家なのでむしろやらない可能性がある。


・鍛えられる部位に限りがある。


・ジムほど高負荷トレーニングができない。


といったところでしょうか。


まず、目標はなんなのか、それによってジムでのトレーニングが必要か否かが変わってきます。


例えば、ボディビルダーのようなゴリゴリの体を目指したい。

とにかく短期間で体をデカくしたい。

そしてその為の費用は多少かかっても構わない。

もしくは、昔部活等でしっかりスポーツをしていて、筋肉がある程度付いておりすぐに負荷のある筋トレを行える体が出来ている、またはジムに通い慣れている等。

こういった方はジムトレで良いと思います。


一方、とりあえず筋トレを始めたい、筋トレの経験があまりない。

細マッチョを目指したい。

良い体になってモテたい。

体力増進のために筋トレしたい。


こういった方は自宅トレーニングでも十分です。

とりあえず鍛え始めてみて、更に上を目指したくなったらジム通いに切り替える形が良いんじゃないかと思います。

怪我防止の意味も含めて。


個人的な話で恐縮ですが、高校時代部活後に実家で腕立て50回×2セット、腹筋50回×2セット、背筋50回×2セット程度のトレーニング(時間として15分もあれば終わります。)で、友人から「仮面ライダーみたいな身体してるw」と言われてました。


私はハードゲイナー(太りにくく筋肉が付きにくい)体質な上に、バルクアップと相性の悪い長距離走をしていたにも関わらずです。


また、イージーゲイナー(太りやすく筋肉がつきやすい)寄りの体質の友人は、ひたすら腕立てをやる(連続120回はやってました)ことでドラゴンボールブロリーような体をしていました(笑)


これらの経験から、特別器具を使わずとも自重トレである程度の体作りは可能であると考えた次第です。

そして、短時間でもやろうと思えばそれなりに出来るので、時間のない社会人の方にこそ勧めます。


自宅トレーニングは鍛えられる筋肉が限られるといえば限られるんですが、例えば腕立て伏せでも手を置く位置を狭くしたり広くしたりで鍛えられる部位が変わりますし、椅子の上に足を置くことで負荷を大きくすることもできます。


ある程度回数をこなせるようになったら、最初にMAX−10〜20回から初めて1分休憩を入れてまた始める階段インターバルがオススメです。10分程度でかなり追い込めます。


例:MAX70回できる人の場合

50回→1分休憩→40回→1分休憩→30回→1分休憩→・・・10回

といった感じです。


腹筋もやり方によって上の方が鍛えられたり、下の方が鍛えられたりするので、腹筋トレーニングでググって、自分に合ったものをやってみて下さい。


欲を言えば、近場の公園に高い鉄棒もしくは雲梯があれば、そこで自重系最強クラスである懸垂が出来るので最高です。

広背筋がガッツリ鍛えられて、逆三角形の体が作れます。

懸垂もある程度できるようになったら、最初にMAXやって1分休憩→10回→1分休憩→9回・・・とこなしていくインターバルが良い感じに効きます(笑)


一つだけ、これはジムも自宅も一緒なんですが、トレーニング後のプロテインは飲んだ方が良いです(トレ後30分以内)。ハードゲイナーは特に。

筋肉のつき方が結構変わります。

これも通販の方が安いです。

割とメジャーなのはザバスあたりでしょうか。

ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g


最後に、個人的に思う筋トレを継続していく最大のコツをお教えします。

鍛え始めてから数ヶ月経たないと行えないルーティーンなんですが・・・


継続の為のコツ、それは、しっかり筋トレしてパンプアップした自分の筋肉と、鏡越しに見つめ合い対話することです。



最強の筋トレ継続ルーティーン


「筋肉とのピロートーク」


筋トレにおいて、事後の対話こそ最高のモチベーションである。


非トレーニーにはそれがわからんのですよ。



現場からは以上です。



最強の出会いツール

最近の調査で、日本の20代独身男性の童貞率が、40%を超えている事がわかったらしい。

これについては流石にちょっと手心が加えられているんじゃないかとも思ったが、確かに、俺の周りでも友人、先輩、後輩で何人か童貞がいるし、長い間彼女がいない人もいる。

彼らがよく口にする言葉は、『出会いがない』だ。


最近、世間を賑わせているゲームがある。 
Googleの子会社が任天堂のモンスタータイトル、ポケモンを題材にして、現実世界と仮想世界をリンクさせた新感覚ゲーム、ポケモンGoだ。
このゲームは、現実には存在しないポケモンを、画面を通して現実世界に映し出す画期的ゲームである。 
ポケモンは20年も歴史があるだけあって、既に配信されている国を熱狂の渦に巻き込んでいる。

『出会いがない』と嘆く男達の為に、このアプリと連動させて出会いを加速させる事ができる伝説のゲームを、今日は紹介したい。
 命名者は世界トップクラスのダイヤモンドメンタルの持ち主、yuu氏である。
そのゲームの名は 
























 【ストナンGO】



ストナンGOとは

・声かけ(英:koekake)をきっかけに、魅力的な異性と知り合っていくゲームである。

・インストール方法:この世に産まれる。

・始めるにあたって課金はいらない。
※課金することでプレイが楽になることもある(後述)

・街(フィールドは全世界!)に出るだけで簡単に始められる。

・プレイするにあたって必要不可欠なものは勇気。

・誰でもプレイできるのに伝説扱いとなっている難ゲーでもある。


我々が住んでいる日本という国は、見知らぬ他人に対して閉鎖的である文化が根強く、特に東京なんかは、沢山の人が歩いていても、知り合いを除く人々のほぼ全てが背景と化している。
それゆえ、家と会社の往復だけでも相当数の異性と出会っているはずなのに、出会いがないという状況が生まれてしまう。

そんな中でも、稀に男達にとって背景ならざる存在が現れることがある。

そう、"美女"だ。
しかし残念なことに、美女から見た我々大半の男達は、通常背景でしかない。

ストナンGOは、まず声かけという勇気ある行動により、背景という存在から脱し、美女達にとっての現実になるところから始まる。(これをオープンと呼ぶ)

伝説の難ゲーなのに、やることはまず街に出て声をかけるだけ。

「なんだ、簡単じゃないか。」と思うだろう。

しかし、始めたばかりのプレイヤーは皆、街に立って美女に声をかけようと思った瞬間に、心が謎の圧力によって洗礼を受ける。

f:id:takoyaki33kun:20160721212740j:plain



知らない人に声をかけない事が当たり前の国で、特別な用事もなく下心だけを持って声をかけるという行為は、激流の川を身一つで遡上していくようなことなのだ。

大抵の者達はここで圧倒的フリーズ現象(地蔵)に直面し、街に立っているだけで何時間も消費した挙句、ゲームを無理ゲー認定し、やめてしまう。

ストナンGO最初の試練は、「見知らぬ美女に声をかける」こと。これが、どんなゲームより難しい。

f:id:takoyaki33kun:20160722125023j:plain




持てる勇気を振り絞り、ついに声かけの壁をクリア、新たな世界を開いた漢達の前に立ちはだかるのが、都市部の繁華街で特に多いと言われる、ガンシカ、塩対応の壁である。

ガンシカとは
・声かけをするも背景扱いが解けず、オープンしない現象のことである。
つまり、美女にとって、現実として認識してもらえなかったということだ。虫けらより扱いが悪い(笑)

塩対応とは
・文字通りしょっぱい対応である。
ほぼ無反応のまま、苦笑い、大丈夫です、ごめんなさい等がある。

どちらも、元々の外見スペックが低い上に外見への課金が足りないと発生確率が増加する。ここで初めて課金の必要性が生まれる。(スペックが高いと、タイプ落ちというボーナスステージへ移行できる。 はぁ・・・イケメン羨ましいw)

これにめげず、強靭な意志で次に向かえる者、ガンシカ、塩対応を崩す技を開発する者、ガンシカ等をされない振る舞い(ポケモンGOとの連動がここに含まれる)を身につけた者が、生き残り、次のステージに進む事ができる。

地蔵の壁を乗り越え、時にガンシカを乗り越え、塩対応にめげぶ、遂にオープンする事ができたら次はトークだ。

出来れば、笑いが取れるトーク力が欲しい。
最初のオープンだけでは、閉鎖的な日本人美女達の心は開ききらない。すぐにまた閉じて男達は背景に戻されてしまうw

そこで、背景ではないが見知らぬ男という存在から脱し、知り合いレベルの関係性を築くためにトークを続ける必要がある。

その際、笑いを取れるトークが非常に有効なのだ。
※無くてもいけることはあります

実際、トーク力が無いとオープン後がかなり厳しい戦いになる・・・

トークにより関係性の構築が済んだら、フィールドを街中からカフェ等に移す「連れ出し」がベストだ。
しかし、それができない状況なら連絡先を交換し後日デートにつなげれば良い。
ただし、関係性の構築が甘いと簡単に連絡先が死ぬ(死に番)ので注意が必要だ。※ラインは特に死に番化しやすい。

連れ出しさえできてしまえば、後は普通のデートだ。
君の魅力でもって、彼女達を魅了してあげよう。

※魅了出来ない、もしくは相手が乞食属性(笑)を持っていた場合、食い逃げイベントが発生するので注意!

魅了した後は、彼女にするも良し、とても仲の良い友達(意味深)になるも良し、一夜の刺激的な関係を楽しむも良しだ。

伝説に挑戦し、見事クリアした漢には無限の選択肢が広がっている。
これがストナンGOが最強の出会いツールたる所以だ。

ストナンGOの参入障壁が高すぎる・・・

という男達には、課金要素が強いが、簡単に連絡先が手に入る街コンGO、課金によってガンシカはほぼ皆無の状況から始められるバーナンGO、クラナンGO、というツールがあることを記しておく。

男にとっての出会いツールは、難易度を下げるために課金が必要というのが世界の理になってしまっている。
しかし、課金によって改善されるのは参入障壁のみであり、選択肢に無限の可能性が広がっているストナンGO以上に質が望めるツールは無い。
生簀(社会階層を上げることが出来れば、上質なものにすることは可能)で釣りをするか、海で釣りをするかの違いと似たようなものだ。
確実に釣れるそこそこの魚か。釣れるかわからないがまだ見ぬ大物を狙うかということである。




平成28年7月22日、本日ついにポケモンGOの日本での配信が始まった。

ポケモンを捕まえに街に出るそこの君、既にインストール済みのアプリ、ストナンGOも同時に起動させてみてはどうだろうか。

なに?勇気が足りない?

街に出るならやらなきゃ損損!
地蔵師の俺と一緒に、地蔵の壁を超えようじゃないか!w



GO!!
ストナンGO!!!!