さくらいの落書き

Twitter芸人の自由帳。

自主学習に励む全ての人達にオススメしたいアプリ「studyplus」

お久しぶりです。
プライベートで色々あり、ブログが滞ってました(笑)

今回は僕が2年ほど前から使っていて、自分の中でこれはイイ!紹介しよう、いや皆知ってるだろうから紹介する意味無いんじゃね?の押し問答を通算10往復ほど続けていた、自主学習が捗るアプリをご紹介したい。

多分相当数の方が知っているんじゃないかと思いますが、コチラです。
その名も「studyplus」
https://www.studyplus.jp/

このアプリは素晴らしい。

何が凄いって、良いところが僕の無い頭で考えてもすぐに3つくらい浮かんでしまうところだ。

まず1つ目が、教材のバーコードを読み取って記録できるところ。

参考書等の裏面にバーコードが2つあると思いますが、その上の方を読み取ると、アプリ内にアイコンとして記録され、参考書別に勉強時間を記録することができ、何を何時間勉強したかが可視化されます。

またバーコードの無い本でも、名前をつけてアイコン登録することができるので、珍仔と名前をつけたアイコンを作り、右手で遊んでしまった時間を記録することも可能。

それを後で見返して、一人ミッチー風に感傷に浸るのも良いかもしれない。f:id:takoyaki33kun:20180616175228j:plain


2つ目は日、週、月、年ごとに結果を見れるところ。
その日何時間勉強に費やそうという目標を立てるもよし、週何時間、月何時間と目標を立てても良い。

参考書ごとに記録しているので、何をいつ何時間勉強しているのかをすぐに調べられる。

これによって科目数の多い資格試験に臨む人は、今後の計画を立てるのに役立つのではないでしょうか。

そして今までに通算何時間勉強してきたのかももちろん記録されているので、「俺はこれだけ勉強したきたんや」と試験前に己を鼓舞することもできます。

オッサンの僕が現役高校生だった頃は、書き潰して積み上げたノートの厚さが、目に見える努力の証だと言われていたことを思うと、時代の流れというものをひしひしと感じる…


3つ目、コレが一番凄いと思うんですが、性別、属性(学生、社会人等)などのプロフィール設定し、友達申請機能も搭載することによって、勉強の記録に特化したSNSとして使えるところ。

何の試験のための勉強なのか、目標設定で示すこともでき、ユーザー間でライバルが可視化され、「俺無勉で受かったぜ」等のデマに流されることもなく、むしろライバル達こんなに勉強してんのかよ!ハンパねえ!!って気分にさせてくれるのです。

こんなもの僕の学生時代には無かった…あの頃は勉強していない学友達こそが世界のすべてだったんだ

結果は聞かないで欲しい。

実は先日、適当に設定した目標と僕が勉強していた内容との兼ね合いで、友達申請されてしばらく経ったある女性垢からDMが届きました。
あれだけやり込んでるTwitterでも届いたことないのに!

ぶっちゃけただの質問でしたがやり取りをする内に、自撮りでもなんでもないむしろふざけたプロフのアイコンが、なんだか可愛く見えてくるのです。

僕は思いました。
コレは、この気持ちは…もしかして
f:id:takoyaki33kun:20180616191148j:plain

https://youtu.be/jhOVibLEDhA

先日、「お互い試験頑張りましょう」というメッセージが届いたんですが、僕はその試験受けないけど…と思いつつ、「頑張りましょう!」と返して、なぜ嘘の設定にしたのかと、ちょっとの後悔をした。が、むしろこの設定じゃないとDMはこなかった。

間違えていたのは俺の人生の方かもしれないという思いに駆られながら、受ける気が無かったとはいえ、なぜ受験の申込みをしなかったのかという後悔と、もし受験の申込みをしていれば、あの日あの時あの場所で君に会えて、ラブストーリーが突然に始まっていたかもしれないという妄想で僕のチンk(文字数

ラブ・ストーリーは突然に

ラブ・ストーリーは突然に


長くなりましたが
結論として、studyplusはTwitterより、ポイ○ボーイより、出会える可能性が高いと僕は思います。

ただ出会い目的で使うアプリではないし、キモいクソリプ風メッセは勉強の邪魔になるので、出会いも期待する男子達には自然な出会いを演出して欲しいと思う。


会えたかもしれない委員会を開いてしまったせいで収集がつかなくなってしまいましたが、表題のとおり現在自習に励む方、これから始める方にとって、このアプリが役に立つのは間違いないかなと思います。

スマホは勉強にとって最大の敵だと僕自身痛感していましたし、今の高校生が受験とか無理ゲーやろと思ってましたが、スマホは有効活用すれば勉強の味方になります。

しかしスマホを身近に置いて勉強すると意識が秒速でそちらに持っていかれがちなので、勉強する時はスマホを隠すなどし、時間の記録はストップウォッチで行って、後で入力するというのが今のところ最適解です。

ちょっとでも己のスペックを上げたいと思っている同志の方々、共に頑張りましょう!

凡人がまず目指すべきは、倹約家というビジネスモデルだ。

またまた貯蓄関係の記事です。


世間ではあまりお金を使わない人の事をケチと言って卑下したり、なんでそんな貯め込んでるの?と疑問を抱かれたりすることがままあります。

どうしてもマイナスのイメージの強い倹約という行為なんですが、今回の記事ではそういうイメージの部分を取っ払って、お金の動きのみを追うことで、倹約についての見方を変えてもらえればいいなと思います。


まず利益というものについて考えていきます。

税金などの複雑な事柄を省いて、法人の仕組みを凄くシンプルにすると、あるビジネスによって得られた収益があり、そこからビジネスを回すためにかかった経費が引かれ、最終的に利益が算出されます。


サラリーマンの場合は、会社からの給料が収益であり、そこから生活費や娯楽費など生きていく上で使った経費が引かれていき、最終的に残った貯金等に当たるお金が利益と考えられます。

このように利益ベースで考えると、例えば先日書いた記事http://takoyaki33kun.hatenadiary.jp/entry/2018/05/05/095332

こちらで紹介した年収400万の人は、年間150万の利益を上げるビジネスと言えます。

一方年収800万稼いでいたとしても、全て使ってしまっている人は、年間の利益ほぼ0のビジネスと一緒なのです。


一般的には高年収である方が好ましいですし、向上心のある人は皆そこを目指します。

しかしいくら稼いでも使ってしまって残せなければ、それは収益は大きいけれども、経費がかかり過ぎて全く稼げていないビジネスと同じ構造なのです。

逆に年収400万でも倹約が身に付いていてお金を残せるタイプの人は、収益は小さくても経費がかからないのである程度稼げているビジネスだと言えるのです。


もちろんサラリーマンは人間なので、贅沢な暮らしをする為に稼いでるんだ!という方もいらっしゃると思いますし、それを否定はしません。

ただ、このまま続いていくと利益を拡大していくのがどちらなのかは明白です。 

現在の日本は超低金利時代ゆえ、貯めたお金をただ貯金するだけでは無意味ですが、それを元手に投資したり副業を始めたりして当たればさらなる資産の拡大が見込めます。

加えて、余剰資金があるからこそ試しにやってみるという選択肢も生まれると僕は思っています。

年間150万を自然に貯められる人は、逆に言えば150万消えたところで一年で貯め直せる人なのです。

だからこそリスクをどんどん取りにいくことも出来る。


しかし投資にしても副業にしても、ネタ・知識が無いことには始められません。

金だけはあるという方はとりあえず貯金の代わりに投資信託(ノーロードのインデックスファンド)に突っ込んでみるのも一つの手です。

実は僕も3ヶ月前くらいにコッソリ始めました。

まだ稼ぎのネタがない低スペなので…

投資信託はローリスクローリターンとは言われていますが、元本割れするリスクはもちろんありますし(僕は開始してすぐに2桁万円割れました)、過去に大幅下落したこともあるようです。

そのため確実に稼げるのかというと、僕もまだ確証持って言えません。

投資信託はクソという意見の方もいるので、今後手を出そうか迷ってる方への情報提供として、投資信託というものの簡単な紹介と、とりあえず一年の結果をブログで報告することを次回以降の記事で考えています。

ちなみに今現在の成績は、株価の上昇が好調なせいか+5%ちょっとを記録しています。


話を戻しまして
何かとマイナスイメージの強い倹約ですが、見方を変えればハイスペを目指す非ハイスペにとってかなり重要というか、マストな事柄だと僕は思っています。

こちらは圧倒的ハイスペ、経営者のkaiさんによるツイートです。


無茶苦茶稼いでる人がこういう事を考えてるというのに、低スペの僕が贅沢するわけにはいかんなと、改めて刺激をいただきました。


「青梅で倹約しながら成り上がる」をテーマに頑張っていこうと思いますので、金の面でも上を目指す同志の方々、一緒に頑張りましょう!

男は仕事を頑張ればモテるのか。

今日も楽しくTwitter廃人をしていたら、女性による「男は仕事頑張ればモテる」という旨のツイートをいくつも目にしました。


僕はコレ、ある意味正しいとは思いつつも、どこか引っかかっていました。

なぜなら、自分の身の回りだけでも反例がたくさんいるからです。

僕の職場にも、仕事が出来て周りから頼りにされている存在なのに高齢独身の上司や、仕事は適当だけど女遊びはしっかりみたいな同僚がいます。


多分皆さんも心当たりがあるんじゃないでしょうか。
もちろん、仕事が出来たり稼いでいたりして、それらが相まってモテているタイプの人もいます。


それでは仕事が出来るのにモテ非モテが分かれてしまう原因は、一体何なのか。





それは女性目線で足切りされない外見と、それなり以上の積極性、対女性コミュ力があるかどうかです。

身も蓋もない話ですが、どんなに仕事が出来ても女性と積極的に接しようとしないブサメンはモテません。

女性が自分から行きたくなるほどの魅力も引力も無いからです。

どうせ自分から行くなら、仕事出来るけど話つまらんブサメンより、仕事そこそこだけど話してて楽しいイケメンに行きますよ。

当たり前じゃないですか!

じゃあどうして女性から「仕事が出来る男はモテる」論が支持されるのかというと、女性が仕事が出来て魅力的だと思った男→その女性から見て素敵な男→そもそも男としてアリな男だったからです。

女性が男として認識するのは、一定以上のルックスと雰囲気とコミュ力を持った男だけです。


男の7割は女の視界にすら入っていないという説もあるくらい、非モテの存在は女性に認識されていません。

女性から見た世界には、仕事が出来る非モテはそもそも存在しないのです…


結果仕事が出来るようになってモテるには、大前提として男だと認識されるレベルに達している必要があります。

童貞、またはそれに準ずる非モテだという自覚がある男性陣は、仕事が出来ればモテるという話を盲信して、仕事にだけコミットしていてはモテるようになりません。


ただ、普通に彼女を作れるレベルの男力を手に入れた後なら、仕事に集中することはモテの面だけでなく色んな意味で良い事だと僕は思っています。

先人の遊び人達も、その多くがどこかで金の壁にぶち当たり、遅かれ早かれ女遊びより仕事という生き方にシフトしています。

経済力が男の魅力の一つだということは間違いのない事実だからです。

そんなわけで仕事も頑張るのは当然として…

本題に戻りますと、「仕事頑張った方が女遊びしてるやつよりモテる」は、元々男として認識されるくらいに魅力的であれば成り立つというのが結論です。


どっちもモテてるやつの仕業やんけ…って感じではありますが、めげずに男磨きも仕事もコミットしていきましょう。

それが持たざる僕達の最善の策。

Twitterのフォロワーが増えない最大の原因

今回もTwitterネタです。

Twitterの楽しみ方は三者三様です。

誰の目を気にすることも無く独り言をつぶやくも良し、気の合う仲間を見つけて楽しむも良し、ひたすら面白いタイムラインを眺めるも良し。

ただやっぱりやるからにはフォロワーを増やしたいという方もいると思います。

色んな反応を貰えたほうが楽しいし、ゆくゆくはマネタイズしたいという方もいるでしょう。

今回はフォロワー増加の阻害になる最大の原因についてお伝えします。


それが何であるのか、Twitterで行われたある実験によって証明されました。


その実験の名は「シャイニンガーの珍子」

時は2016年、あるビジネス系アカウントが生まれました。
"設定"はアラサー独身で年収2000マンのバリキャリ外資系OL。

彼女はエリートビジネスマンを彷彿とさせる非常にロジカルかつ意識の高いツイート共に、ビジネス系のブログも書き始め、光り輝く速さでTwitter界を席巻し、あっという間に1万フォロワーを超えました。

それから幾ばくか過ぎたある日、この実験の核であるとも言える重大な事件が起こりました…

丸の内で光り輝くOLであったはずのそのアカウントは、突然オッサンに成り代わったのです。

アイコンもイケメンのオッサンに変化し、何事も"無かった"かのように、いやむしろ初めからそこに"あった"かのように悠然と佇む珍子…


ち…チン個が生えたっっ!

この衝撃がどれほどのものだったかは想像に難くない。
存在しなかった物質が突然現れたのだから、そのエネルギー量はとんでもない。
核兵器もビックリなレベルです。

しかしTwitter界への衝撃と、股間から発した圧倒的なエネルギー量とは裏腹に、フォロワーの増加はピタリと停まってしまったのです。

数カ月過ぎても全然増えない。 
チン歩がなかった頃の勢いが嘘のように伸びなくなったのです。

まるで沸点を迎えた水温のようにフォロワーの上昇はピタリと止まってしまいました。

f:id:takoyaki33kun:20180529181913p:plain
※引用元 http://media.qikeru.me/boiling-melting-point/

途中でアイコンが別のオッサンになったり、謎のトラになったりしてみたものの、全然状況が改善しない。


全盛期の輝きはどこへ行ってしまったのか。
こんな状況ではShiningなんて恐れ多い。
シャドウ青☆梅くらいが関の山ではないか。

そんな思いと共に、Twitter民達からその存在が忘れ去られそうになっていたある日、またしても事件が起こる。


今度はなんと、忽然と姿を消したのです…


一体ナニが消えたというのでしょう?


信じられないかもしれませんが…
東京の果てで悠然とそびえ立っていたはずの珍子が、まるで初めからそんなものは無かったと言わんばかりに突然消えたのです。

そしてアイコンがオッサンから美女に成り代わりました。

消えてしまったチンko…

無かったブツが突然生えたり、あったはずのナニが突然消えたり、一体どれだけ物理法則を捻じ曲げて世界に歪みを引き起こしたのか…

f:id:takoyaki33kun:20180529182934j:plain
誰が見てもドン引きなレベルで時空が歪んでるに違いありません。
星を幾つも消し飛ばしてることでしょう。


それだけの代償と引き換えに、奇跡が起こります。

なんと、フォロワーの増加が始まったのです!!

アイコンが女性に変わっただけです。
他にはナニも変えていません。
いや、ナニはなくなったか!


多大な犠牲を払いながら行われたこの実験により、今後Twitter史に残るであろう一つの証明がなされました。

皆さんもうお気付きですね?



そう、本記事の本題であるフォロワー増加の最大の障害は、【チ☆ン★コ】だったのです。

チ○ン●コさえなければ…俺はもっと高く跳べたはずなんだ。
数多の男たちがそんな悩みを抱えながら、根拠が無い為にただの言い訳として扱われていた、「珍子の重みでフォロワー増えない仮説」


この仮説を真実であると証明し世に知らしめたこの実験に対し、僕は個人的にノーベルTwitter賞を送りたい。
いや皆も送りたいはずだ。
そうに違いない!
そんなわけなんだ。頼むよTwitter
くれよ。ノーベルTwitter賞!


この想いよ、サンフランシスコに届いてくれ!!!



Twitter芸人桜井は、珍子を付けてTwitterを始めるというスティグマを背負いながら、その重さを乗り越えるべくもがき、工夫して這い上がろうと頑張る全ての紳士達を応援しています。




珍子は着脱可能ちゃうからな。
f:id:takoyaki33kun:20180529184147j:plain


※このブログはフィクションです。
実在する着脱可能なチン○とはなんの関係もありません。

性欲と素直に握手。全てはここから始まる。

先日会社の飲み会に参加したときのこと。

アラフォーで独身彼女無しの確実に非モテと思われる上司が、アラフィフの元モテ男である上司と話をしていたので、僕はテーブルの端っこの方で空気と化しながらその内容を聞いていた。


アラフィフの上司が会話の途中で質問した。

「ところでさ、今彼女とかいんの?」

「いやー、いないんですよねえ。出会いがなくて。」

「てかさ、結婚する気はあんの?」

「結婚はしたいなーとは思ってます。」

「それならさ、俺が知り合いに声掛けて飲み会とか開こうか?」

「いやー、そういうのはちょっと…」

「あぁ、そう。」

それからじゃあどうすんだよ(笑)と苦笑いして首を傾げながら、アラフィフ上司は別の席に移動してしまった。


酒に酔っ払いながらこの会話を聞いていた僕の正直な感想は
「いやー、じゃねえよ。上司が合コン開いてくれるって言ってんじゃねえかよ!
なんでそこありがとうございます。お願いしますw!じゃねえんだよ…
出会い無いんじゃねえのかよ。結婚する気ホントにあんの!?年齢的にもそろそろリミットじゃない?
つかそのルックス(重度肥満)じゃ正直もうアウトだよ?」
であった。

非モテ非モテに厳しくなってしまう。

昔の自分の姿をそこに見出してしまうからだ。

僕も昔、出会いもない、全くモテない社会人童貞だった。

しょうもない僕のために、上司が合コンを開催してくれるという話が初めてきたとき、僕は非モテ上司と似たようなセリフを言った覚えがある。

いやー、そういうのはちょっと…

あの日に帰ってその光景を見たとしたら、僕は絶対先日非モテ上司に思ったことをそのまま言い放って、張り倒す自信がある。

僕の場合は結局半ば強引に参加させられ結果的に凄くいい経験をさせてもらえたから良かったものの、あの時結局逃げてしまっていたら、今でも童貞をやっていたかもしれない…


非モテが合コンに誘われても断ってしまう理由はおそらく2つあって、1つは合コンなどの出会いを求めて行動する事をチャラいだとか、ゲスな行為だと卑下し、自分はそういう人間ではないと謎の潔癖感を持ってしまっていること。

もう一つは、女の子と楽しく話す自信がなくて恥をかくのでは無いかとビビってしまっていることだ。
この心理的ハードルは歳を重ねるごとにどんどん高くなり、より可愛い子じゃないと動きたくないという最悪の展開に繋がっていく…


2つ目に関しては経験を積んで慣れていく以外に方法がない。
逆に言えば、経験さえ積めば段々と自信が出てきて解決できる。

問題は1つ目だ。
変に誠実ぶってせっかくの機会を逃すことほどアホらしいことはない。

そこにいかに早く気付いて、マインドを変えていくか。これが非モテを脱却する大きな分岐点になる。

ここを抜けないと、経験すら積めないからだ。

騙されたと思って、性欲に素直にとにかく出会いを求めて行動してみてほしい。

オナ禁も並行すればより活動的になれるだろう。


合コンに誘われたら2つ返事で参加する。
一緒に行ってくれる仲間がいるなら街コンに行ってもいい。
どっちも駄目そうならペアーズなどのマッチングアプリを使ってもいい。

とにかく女の子と出会ってデートしまくると、その楽しさに気付いてくる。

性欲に素直に行動することは本来とても楽しいことなのだ。

楽しいから続く。続けていく内に女の子とのコミュニケーションに慣れて余裕が出てきて、結果が出るようになる。

それでさらに楽しくなる。

この性(正)のスパイラルに早く乗ろう。

アラフォーになって、周りから心配されるほどの非モテとなってしまう前に…

プロツイッタラー達が実践している「フォロワーを増やす大事な小技」

このブログはほとんどTwitterからの流入で読んでいただいているので、たまにはTwitterに関するネタを書こうと思います。

まずプロのツイッタラーとはなんぞやという話ですが…

僕がさっき考えました(笑)

プロのツイッタラーとは、アルファアカウントの中でも戦略を持ってTwitterを運用している人達です。


女性アカウントに多い、ありのままのツイートを見せるだけで周りの共感を呼び、フォロワーを増やしてしまうナチュラルアルファは含みません。


フォロワーを増やす方法は、面白いツイートをする、タメになるツイートをする、時流に乗ったツイートをする、皆が共感できるツイートをする、オッπの画像を上げる、女子垢で下ネタをツイートする、そもそも珍子をつけないなど色々あります。

これらに関しては、アルファアカウントの方が方法を紹介していたり、実践している様を皆さんも見かけていることでしょう。



今回この記事で伝えたいのは、僕がフォローしているアカウントやたまにTLで見かけるプロツイッタラーの方達が行っているが、明言されていない小技と、それによる効果についてです。


その小技は何かと言うと、戦略的な圧倒的ツイ消しです。

ツイ消しなんかみんなやるわwと思うかもしれませんが、一般的なツイ消しのパターンは誤字ツイート、全くウケずにスベったツイート、失言ツイートの取り消しで使われていることが主ではないでしょうか。

それらに比べると、プロの行うツイ消しは基準がめちゃくちゃ厳しい。

結構ウケたツイート以外はほとんど消す。
そして削除対象にはリツイートも含まれている。

この徹底的なツイ消しにより生まれる効能は、アカウントのブランディングと自分のTLの整理です。


例えば、誰かがリツイートしたりいいねしたりした面白いツイートをタイムラインで見かけたとき、その主をフォローするかどうかは、過去のツイートを遡って確認してから決めるんじゃないでしょうか。

この時、独り言みたいなツイートが物凄い頻度でズラーーっと並んでたら、その独り言でタイムラインが埋め尽くされてしまいそうで、敬遠してしまうと思います。

逆に過去ツイートがどれもこれも面白いもので、楽しめそうだなとか、共感できる、タメになると思えたアカウントは即フォローしたくなるでしょう。


このようにタイムラインを積極的に整理することによって、フォローする際の障壁を取り除くことができるのです。


また、Twitterは奢り奢られ論争や学歴・年収マウンティングなど、似たような話題で何度も繰り返し盛り上がる傾向があります。

そのため同じ話題で前回バズったツイートをしていた場合、それをリツイートすれば結構な確率で再度ウケを狙えます。

その時に常に自分のタイムラインを厳選して整理しておくことで、過去ツイートの検索が容易になりますし、これは過去のバズりツイートに関連したツイートをしたい時などにも役立ちます。


いちいちツイ消しするのは面倒な作業ですし、何も気にせず好き勝手ツイートするのもTwitterの醍醐味ではあります。

ただ、今後フォロワーを増やしていきたいと考えている方は、純粋にツイートの質を上げるというアクティブな戦略に加えてこちらの小技も試してみてはいかがでしょうか。

散策備忘録「僕だって即日優勝したい!」のにできなかった理由3選

はじめに、このブログは全年齢向けの健全な記事を目指しているため、街で偶然出会った女の子に声をかける事を「散策」、男女で性ナル合体をすることをある女性に敬意を込めつつ「優勝」と表現しています。


とある事情で久々に昼間から一人になれたので、いつも後日優勝ばかり狙っている僕が色気を出して、いけたら即日優勝を目指そうという気持ちで散策しました。

するとまさかの二声かけ目で反応の良い結構可愛い子を連れ出し!
しかし即日優勝できる感あったにも関わらず、ノーフューチャーで連絡先すら交換もできずに終わったので、何が特にダメだったのか、その原因を自分への戒めとして、つらつらと上げてきます(笑)


ゲスな内容なのと、腕の良い方には当たり前の話だと思いますので、男でこれからストリートを散策しようと思っている方、初めたばかりの方は参考にしていただければ。


まず1つ目

ゴムを持っていなかった…コレ。
即日ゴール狙ってねえやんけwwって言うレベルですね(笑)

第一の原因は、さくらい荘では定期的な抜き打ち持ち物検査があり、在庫管理は看守が行うという絶対的規律があるのでうかつに持ち歩くことができないということにあるんですが、それならそれで買ってから声かけしろって話ですねすいません。

ゴムがなぜ大事かって、避妊、病気リスクの回避は当然として、散策において重要な点はホテル以外のゴムを置いてない場所が使えるようになることにあります。

性の甲子園球場は選択肢が多ければ多いほど良いのです。

例えば、連れ出したお店の30m先にある個室と500m先にあるホテルと、どっちが2件目ご一緒しやすいかってもう言うまでもないですからね…

トーク力のない非モテ=僕が500mも一緒に歩いたら沈黙タイム続きすぎて、おまけに下心ダダ漏れしまくって地獄見ますマジで。



2つ目

連れ出し先を考えていなかった。

あれだけ甲子園までの導線を考えろと各所から言われているのに、適当に流しながら声掛けして、反応あったら連絡先交換かそこらへん連れ出しすればええやろ。みたいなナメたノリでやってましたすいません。

凄腕ならそれでもいいんだけどお前そうじゃねえやん!!と、今更自分を叱り飛ばしたい気持ちでいっぱいです。はい。

適当に連れ出すことの何がいけないかというと、まず和めない店内である可能性があるということです。

今回使ったカフェは最悪でした。
空いていた席が、横並びなんだけど対面かつ間近に別の客が座るというスタイルの席で、とてもプライベートな話ができる場所じゃなかった。

なんか対面の女の子コンビ、こっちの会話に聞き耳立ててる感出てるし…

誰に聞かれても困らないような上っ面の話しかできないと、盛り上がらないし短時間で仲良くなれません。
せめて対面は壁とかじゃないと(笑)

こういうのも、事前に店内を知っていれば防げるミスですからね…

デート向きかつ立地のいい店をしっかり抑えてからじゃないと、とても即日優勝はできません。
あとはなぜその店を使うのかの理由を考えとかないとですね。
ココのこれが美味しいんだよとか。
適当でも良いんで。

でないと、喉乾いたから何か飲もうって言ってたのに、なぜか何件もカフェをスルーして、その店にいく必然性がないので。


最後3つ目

そもそもの散策場所が悪い。

これは前の2つを踏まえての話なんですが、近場にいい店を知らない、ゴムが無いの、飛車角落ちみたいな状況でやるなら、せめてホテル近辺でやれよということです。

この場所はホテルから遠いけど可愛い子が通るからやりたいとか、色々こだわりあるなら前2つの条件は揃えとくべきだったなと。

そこが揃ってないなら、やっぱり散策する場所を限定しないと、この街は俺のでっかいソープランドって言い切れるくらいの腕がない限り難しい。


まとめると
勇気の壁を超えて、連れ出せるだけの最低限のトークという壁を超えた先で優勝するために必要なのは、しっかりとした事前準備だということです。
準備がしっかりしてないと、しょぼ腕にも打てる絶好球がきても、打ち損じますね。悲しいです…




そんなわけで、色々学ばせてくれたノリ良く可愛いp活疑惑女子に深く感謝。

f:id:takoyaki33kun:20180520171642j:plain