さくらいの落書き

ノージャンルのブログです。

暇男最強にモテる説

前回今まで得た経験から、現時点での見解としてモテる男について書きました。

http://takoyaki33kun.hatenadiary.jp/entry/2017/10/01/114657


俺は物事についてモテるかモテないかで判断しがちなモテ情報中毒者兼ツイ廃なので、その後恐ろしく早いTLの流れのなかで、あるモテ男説を見つけました。


f:id:takoyaki33kun:20171008092829j:plain


それは時間のある男、つまり暇男最強にモテる説です。


ぶっちゃけ、俺これ凄く良くわかるんですよ。時間がいくらでもあれば街散策し放題だし、デートもし放題だからいくらでも仲良い女の子増やせるわけです。


恋愛工学の祖である藤沢先生も言ってましたね。

モテ=ヒットレシオ(成功率)×試行回数(デート人数)だって。

数撃てる奴が強いって。


もう答えちょっと出てますがこの暇男最モテ説には前提条件があって。


ちょっと話は変わりまして、親が地主・社長で働かなくても良いという殿上人は別として、普通の男達が一番時間のある時期っていつでしょうか。


俺は大学生かなと思います。長期休みは長いし、サボろうと思えばサボれるしで自由時間半端ないわけです。

じゃあ時間のある大学生くらいが最強にモテるんじゃないかと。


最近の大学生の性事情がこちらです。

f:id:takoyaki33kun:20171008093430g:plain


参考:http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou15/report15html/NFS15R_mokuji.html


20代前半、半分童貞です。

草食化という名の、エロ動画による性欲枯渇問題もありますがそれは置いといて。

なぜ童貞がこんなに多いかと言うと、ヒットレシオも試行回数も少ないからです。

数撃てるメンタルも無ければ、モテる能力も無いためです。


暇男最強説の前提条件は、人並み以上に女慣れしていて、モテる男であるということです。


それ暇じゃなくてもモテてるやつw


この仮説はそれなりに女遊び出来る人達が挙げがちです。多分昔の俺が聞いたら20年以上時間使って童貞なんですけどwって、大草原作って全力で自虐して、オナって寝たと思います。


モテって定義が難しくて、上の公式で言うモテは経験人数とか彼女が常にいるとか、そういう他人から見て可視化された状況を表してます。


例えば、彼女の途切れないヒロ君という人がいたとします。

彼は端から見れば彼女の途切れないモテ男ですが、もし別れて彼女がいなくなってから、月に10人とデートするぐらい猛烈に試行回数重ねた結果彼女を作ってるという、彼しか知らない現実があったらどうでしょうか?

しかも毎回最後の10人目で、ようやっと彼女になってくれるとかだったら。


確かに他人から見て彼女途切れてはないけど、ヒロ君目線で考えたらモテてないですよね。

俺は主観的なモテって結局ヒットレシオ、成功率に左右されると感じます。

試行回数は少なくても、機会があれば確実にキメる男が本当にモテる男なわけです。


結果出せれば何でも良いというのも一つの意見ですが、モテを実感出来るのは明らかに後者だと思いますし、時間がいくらでもあるような理想の状況は、現実的に不可能なので、俺のような非モテはヒットレシオの高いモテ男を目指さなければいけません。


まあ、そこにたどり着くのに時間も金もかかるんですがw


この説に対する俺の結論は、モテない男は時間があってもただの非モテだということです。



暇男最モテ説の真相は、暇モテ男最モテ説だった。



圧倒的にモテる男とは

全男達が持っている欲求、モテたい。

どうすればモテるのか。どういう男がモテるのか。

これについて、今まで出会ってきたモテ男、自身の経験を振り返って現時点での結論を書いていきます。


まず、男のモテ方には大きく分けて3つあります。


1つ目はルックスによるモテ。

外見でブッ刺して優勝という超絶簡単な手法です。俺が一番嫌いなやつですね。

イケメンがあ、あの!って言えば昨日の君にさえも恋させてしまえるんです。


2つ目は社会的スペックによるモテ。

年収、勤めてる会社、学歴なんかでブッ刺す手法です。長年の努力が必要で一朝一夕で身につくものではないのと、用法を間違えると大外れくじを引く可能性がある、ある意味難しいモテ方です。

ただ、学歴が東大京大クラスになると、それだけでベタ惚れしてくれる女の子がTi◯derにいるという噂があります。


3つ目はコミュニケーションによるモテ。

一番定義が幅広く、かつ小手先のテクニックやら何やら含めて非モテが最も苦手としていて、それゆえ伸ばすことの出来る分野です。

ほとんどの恋愛テクニックはここについて言及してます。

この記事でも、主にこれについて記述していきます。



1つ目のルックスについてですが、ぶっちゃけブサメンがイケメンになるには整形しかありません。

もうこの分野は100%才能と言っていい。

ただ、本当に顔がタイプじゃなきゃ嫌だという女の子を除いて、可もなく不可もなくという足切りラインを超えていれば、他の部分で評価してくれる子がほとんどです。

そんなわけで、ブサメンに生まれてしまった我々に出来るのは筋トレ、ランニング等による肉体改造、眉や髭の手入れ、服装、髪型で雰囲気補正をすることによる己の100%を絞り出すことです。

この中でセンスが必要で難しいのは髪と服装ですが、髪については美容師にお願いして、服については良いなと思ったショップの方店員さんに、一式見繕ってもらえば良いです。

特にこだわりがないのであれば、この辺の本を参考にしても良いでしょう。

最速でおしゃれに見せる方法

最速でおしゃれに見せる方法


2つ目の社会的スペックについてですが、特に学歴なんかは、高校生はまだしも、大卒で社会人とかになってしまうと、変えたところでデメリットの方が大きく、転職についてはヘッドハンティング以外であれば、入社した会社のランク、転職時期によっては学歴によって行ける会社が限られてしまい、低スペ低学歴の場合中々簡単に良くできるものではありません。

まずは今の仕事をしっかり頑張る、他の収入源も作る等して、地道に年収を上げていくのが現実的な答えではないでしょうか。

また、このモテ方は用法が難しい。

例えば俺は三井◯産やぞ!と初回から飛ばしても、商社マンといますぐ結婚したい女子を除いて、いきなり自慢かよウゼェ…敬遠されるのがオチです。

俺年収◯千万なんだよね。と早々に言ってしまうと、向こうのデート先予想がビットコイン並みの急上昇を招き、下手な店を選ぼうものなら評価は大暴落、結果何も得られないまま、諭吉とお別れして終わります。


スペックについては自分から言わずに、匂わせなければいけないのです。

また、金アピールだけでは金の亡者系婚活女子ばかり引き寄せる等々、負の面が色々言われますが、個人的な経験から思うのは、それなりのスペックの女の子はそれなり以上のスペックの男を、玉の輿とかではなく自然に求めているということです。

ショボすぎると、土俵にすら立てなかったり長期的な関係は結べなかったりします。

スペックはアピールの仕方を間違えなければ、あってマイナスになることはありません。

年収を上げてモテ無くなることはないし、自分の生活も潤います。この分野はモテ云々関係なく、上を目指すことは男として避けては通れない人生の課題だと思っています。


3つ目のコミュニケーションについてですが、

以前書いた食い付きを上げるトークhttp://takoyaki33kun.hatenadiary.jp/entry/2017/03/31/011856

もこれの一環です。この記事でも書きましたが、コミュニケーションには受けと攻めがあります。

受けは相手に話をさせ、それをよく聞いてあげるコミュニケーション。

ただ、中々話してくれない子もいます。そういった時は、自分が相手の興味を惹くような話をしなければいけない。これ本当に難しいんですよ。

なぜ俺には難しいのか。いろいろ考えて結論が出ました。話のネタがないということはつまり、今までの人生における一次体験のインプットが少ないんです。

逆を言えば、この攻めのコミュニケーション、惹きつけるトークが上手い男達は、非モテより遥かに多くの色んな経験を人生でしてるんです。

そしてプラスアルファで、その演出、語り方が上手い。

読者の皆さんの周りにいるモテ男達を思い浮かべて欲しいんですが、圧倒的顔刺し系は別として、彼らは色んな趣味を持ってたり、余暇をアクティブに過ごしていませんか?

活動的で色んな経験を積んだ人は、それだけ話の引き出しが多くあります。

逆に、俺含め何話せば良いかわからない非モテは、何事に対しても行動量、経験値が少なくないでしょうか。

そもそもあれが知りたい、これがやりたいという興味が少なかったり、それが見つかってもネットで調べて満足してしまったり。

経験からくる知識って、言葉に熱がこもるんですよ。聞きかじった知識は〜らしいよ。へー。で終わりがち。


女のケツばっか追いかける男、ペラい男が嫌いという意見をたまに女の子から聞きます。

女の言葉は当てにならないという意見もありますが、結局言いたいことは、人生の経験値が多い男に興味を惹かれるってことではないかなと。

本能的にサバイバル能力の高さを感じ、魅力的に思うのかもしれません。


長くなりましたが、結局言いたいことは非モテが女遊びで身につけられるのは、主に受けのコミュニケーションであって、そこからさらに頭一つ出るためには、攻めである惹きつけるトークが出来るよう、色んな経験を積まなければいけないということです。

俺もこの圧倒的現実に向き合ってから、そんな遠回りしたくないなとか、めんどくさいとか、もうオナ猿で良いよとか、色んな考えが頭を巡りました。

しかしその内に、無理して何かを経験しなきゃいけないって思うんではなくて、何かに興味を持った時、調べて終わりとかやっぱ面倒いからいいやじゃなくて、まずとにかく経験しに行く。

そういう心意気と、その積み重ねが今後を変えていくんじゃないかと思うようになりました。(結果海に行きましたw)


出不精だな、バイタリティ無いなって同志の方、まずはスマホより己の体で物事を見て、経験するところから始めていきましょう。


非モテ男性の中には、3つの中のどれか一つが足りない人、全部足りない人色々いるかと思います。

付け焼き刃ですぐ何とかなるのは、服装、髪型と受けのコミュニケーションくらいのもの(これがあるだけで大分違います)で、他は今までの生き方そのものが大事なんです。

とりあえず外見整えて、色んな女の子とデートして女慣れしたら、仕事頑張りながら様々なことに興味を持って、チャレンジしていくのが王道だということです。


沖縄最高の海を目指した話

先日、有給休暇と週末の休みを使って沖縄に行ってきました。


残念ながら、出会いとか素敵な一夜とかそういった類のロマンスは一切ありません…


俺は中々に出不精な男で、全然旅行に行かないタチなのですが、以前から国内なら沖縄と北海道くらいは行っときたいなと思っていました。


で、どうせ沖縄行くなら海でしょ!ということで同行者の現地ガイドに、とりあえず観光地ちょっと巡って、とにかく沖縄で最高の海が見たいと伝え出発しました。


那覇に着くと、空港周りなんかは女の子のコンビやらグループが結構いました。

観光しつつ楽しむなら、この辺で声かけかなーなんて思いながら、格安ホテルに泊まって翌日レンタカーを借り、とにかく北上。


途中、北谷の海とアメリカンビレッジで休憩しました。https://www.okinawa-americanvillage.com/

俺は地元が海沿いなんですが、とても繋がっているとは思えないくらいに綺麗なんですよw

f:id:takoyaki33kun:20170929172315j:plain

クラゲ除けのネットが張ってある区域にしか入れないのですが、テンション上がりました。


アメリカンビレッジには、カップル、女性だけのコンビ、グループをたくさん見かけました。男友達と二人で来るなら、那覇とここかなーなんて思いつつ、さらに北上しこの日は名護という地域で一泊しました。


次の日ここに具志堅用高選手の親類の方が営んでいる沖縄そばの店がありまして、早速向かいました。


ガイドによると那覇の空港近くや松山など、観光客向けの場所は観光客向け価格なので割高なんですが、地元民しか来ないような地域ではかなり良心的な価格で提供されており、こちらもその一つであると。


こちらのお店では具志堅そば(ソーキそば?)とジューシー(おにぎりのことみたいです)のセットで700円でした。

これに食後のコーヒーと羊羹みたいなのがついてきます。

f:id:takoyaki33kun:20170929173819j:plain


ロジ的にはアレですが、大先生的に言うと歌舞◯町より割安ですし、お腹いっぱい食べながら女の子と具志堅談義で盛り上がって、そのままレンタカーインすれば、悪く無いお店なんじゃ無いでしょうか。

https://www.google.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/okinawa/A4702/A470201/47009613/top_amp/


ここから、目的地である海までさらに北上します。

途中でちらっと寄った大宜味の海

ハンパなく綺麗でした。この辺はもう観光地域として開発された海ではなく、自然のままの海です。

f:id:takoyaki33kun:20170929174459j:plain


初めて見たテナガエビ

f:id:takoyaki33kun:20170929192928j:plain


ヤドカリが普通にいます

f:id:takoyaki33kun:20170929193018j:plain


さらに国道58号線を北上し、ついに目的の海に。

ちょうど潮が引いた絶好のタイミングでたどり着くことができました。

宇良という地域の海です。

f:id:takoyaki33kun:20170929193049j:plain


お前フォトショ使ってるだろ?ってdisりたくなるくらい綺麗な海です

f:id:takoyaki33kun:20170929175315j:plain


下は地面全部生きたサンゴです。

f:id:takoyaki33kun:20170929175416j:plain


ナマコ、カラフルな魚、イソギンチャク、ヒトデみたいなよくわからんやつ等々海洋生物がいっぱいいて、正に自然の水族館です。

f:id:takoyaki33kun:20170929175610j:plain

f:id:takoyaki33kun:20170929175715j:plain

f:id:takoyaki33kun:20170929191238j:plain


ナマコ 生える

f:id:takoyaki33kun:20170929191441j:plain


のケツを追いかけ続ける薄汚れたオッサンの心は完全に浄化され、虫網片手に海山川を駆けずり回っていた少年の心を思い出しました。東京に着くと同時に忘れましたが。


途中景色に気を取られすぎて岩だかサンゴだかで足を切ってしまったので、

行かれる際は足元に気をつけてくださいw


自然の生き物大好きな俺は1時間以上海を見て回ってましたが、9月の上〜中旬の沖縄はまだまだ真夏日で大変しんどかったので、暑い季節をズラして行った方が体には良さそうです。


結局2日間で250キロほどレンタカーを走らせていたので、ほとんどドライブみたいな旅になりましたがw最高の景色を堪能できました。

海が好きな方には特にオススメです。



沖縄の海は北ほど綺麗だった。

(南は行ってない。



散策を通じて知った市場の歪み

散策(ナ◯パ)でまともな女の子はついてこない、結局理想の彼女に出会うことは出来ない。

経験者、未経験者問わず聞かされるネガティヴな意見。

ルックスもトークもお粗末なショボ腕なりに、今までの経験の総括として感じたことを書いていきます。


数百人の美女と関係を持てるような凄腕の方は別として、並の男達がストリートから仲良くなれる子というのは、現在の男関係に満足していない、心に隙間がある子達です。


環境的な要因としては良い男が周りにいない、もしくは男の知り合い自体が全くいないって状況の女の子です。 男がいなくて困ってるから、ナンパしてきた人だけどちょっと会ってみようかな、というパターンです。
職業で言うと看護師、保育士の子達ですね。
逆に周りにイケメンで高収入の男がいっぱいいて、そういう男から結構アプローチ受けちゃってますって女の子は、街で声かけてきたよくわからん男の相手するメリットないわけです。綺麗にガンシカしてくれますw

性格は純粋であまり人を疑わない子、あるいは自己評価が低めな子、もしくはネジがぶっ飛んでる子のどれかに当てはまることが多い。
純粋なタイプはアラツー(この辺だと好奇心で、ということも)に多く、自己評価が低い子はそもそも男にアプローチを受けた事がない、もしくはクソみたいな彼氏としか付き合った事がなく、彼から受けた扱いからそのようになった、という子がいる。
ぶっ飛んでるのはあまり相手した事ないのと、深く掘り下げなかったので環境なのか元来の性格なのかよくわからんです…

自己評価が低いタイプについて、これは本当に驚いたんですが、女の子の外見レベルとあまり相関性が無いのです。
女の子は環境、言い換えると今まで男から受けた扱いによって、恋愛に関しての自己評価に影響を受けます。
だから、オタサーの姫やコリドーのちょいブs、可愛くないのに最強を自称する姉妹みたいなのが存在するし、逆にリアルシ◯デレラみたいな子がいたりします。
今回言いたいのはこれで、男側が思っている以上に市場は歪んでいて、必ずしも可愛い子=仲良くなるのが難しいというわけではないということです。

散策でも有名なってしまったナンパスポット等だと、価値が不当に高騰した女の子ばっかりという状況になってしまいますが、場所を間違えずに頑張れば、シンデレ◯に出会える可能性はあります。
男で言うと理系進学してそのままメーカーの研究職にいってしまった、草食系イケメンみたいな掘り出し物が街にはいるんです。


無視、罵倒、アポ負け等数えきれない失敗、諭吉の屍を乗り越えた上でですが、俺は1度出会えました。



数ヶ月後に自分の真価を知り、男に対する苦手意識を無くした結果、他に好きな人ができたと一言だけ残し、すぐに飛び立ってしまいましたが…

f:id:takoyaki33kun:20170824210742j:plain


散策はぶっちゃけ運の要素かなりあります。
めちゃくちゃ地蔵するし、罵倒されたり、変な子に当たったり、間違えてオバダムに挨拶してしまうことだってある。
最近ではネットで出会うという人も増えてきてますが、男も簡単に参入できて、何のリスクもなくやり取りが出来る市場では往々にして、女性の不当な価値の高騰が起こる。
そしてSnowを駆使したアース◯にいいねがいっぱいついてる市場が誕生します。

f:id:takoyaki33kun:20170824211501j:plain


散策師さくらいは、なんの詐欺もしていない美女に、街でいいねつけようとして軽くあしらわれてしまう男達を、泥臭く頑張って最後にシンデレラからいいねもらえる男達を、応援しています。


自分を貫き続けるということ

人と違う事、変わった事に興味を持つと、時として他人からの誹謗中傷を受けることになる。

しかしそれが自分にとって有益であったり、大切だと思えるものであると信じ、周囲の雑音に負けずやり続けられることは才能であり、成功を収めるのに必要な要素なのだとどこかの自己啓発本で読んだような事を、実感する機会があった。


学生時代の非モテグループで集まった時のことだった。

その中でも特に外見性格共に難ありと思われるAは、昔からやたら政治経済について勉強していたり、受験直前期に突然文理転向して全然違う方向に進んだりと、周りから見ると不可解な行動が多い男だった。


政治経済の話が好きな女なんてほとんどいないし、お前そんなネタにばっかり精通してたら余計モテなくなるぞwなんてバカにされても、どこ吹く風で己の行動を改めることはなかった。

そして彼は変わり者でありながら、努力家でもあった。就活に失敗したものの、全く会っていなかった数年の間、休みの日は引きこもってXビデオゥズと向き合っていた俺とは対照的に、仕事をしながら資格勉強を続け、元々志望していたところに転職を決めていたのだ。

それでも元々の彼の印象は変わり者であり、仲間内は皆、お前どんだけそこ行きたかったんだよwと半分小馬鹿にしていた。皆が内心どう思っていたかはわからないが、俺はその時密かに尊敬の念を抱いた。俺が右手の熟練度を磨いている間に、彼は己の市場価値を磨いていたのだから。


随分前に集団で飲んだ時、泥酔した俺は勢いあまって恋愛工学の話をした時があった。

他のメンバーは否定的な意見を持ったり、引いていたりしている中、Aだけは「なんかそれ、経済の理論に似てて面白いな」と目を輝かせた。

やはり彼は変わり者であった。

その後俺は彼と帰りの電車で株と女について情報交換し、副業に興味を持っていることなどお互いの野望について話をし、盛り上がった。


そして先日、飲み会にて彼はある副業で月収二桁を達成したと話し始めた。他のメンバーがさっきまで、携帯ゲームにいくら課金をしたという話をしていたところだった。

ちなみに、課金厨の彼はエリートサラリーマンである。

大して興味を持っていない周囲を尻目にAは話を続け、現在月に100時間以上それに費やしており、今後は100万を目指すこと、スケールして自動的に稼げる方向を模索していると話した。

資本家側に回ろうとしている彼の話を、俺だけが真剣に聞いていた。

周りは、お前また変なことに力入れてるのか。休みの日まで働きたくねえわw俺は消費する側で良いや。稼げたらなんか奢ってくれ。などなど否定的な意見のオンパレード。

俺は少しAを擁護したが、皆の意見が変わることはなく、Aはその話を止め会はお開きになった。


もし、俺がtwitterを始めず全く世の中の事を学ぼうとしないイチサラリーマンとして過ごしていたら、おそらくAを否定していたと思う。

彼の努力、将来の展望に目を向けることもなく普通と違う事をやっている、その一点で。

そうであったとしてもAは、自分の考えを曲げずに自分の金と時間を注ぎ込んで事業を拡大していっただろうが。

ただ消費する側が悪いわけではないし、携帯ゲームに課金する友人を否定するつもりはない。彼は本業が立派だし彼なりの事情もある。

しかし将来、Aが周囲の雑音に負けず行動し続けたなら、二人の間にはとんでもない差ができるだろう。


ただの変わり者なだけでは、嫌われる勇気!と吼えたところで嫌われ者のイタい奴で終わってしまう。

そこに圧倒的行動力が加わる事で突き抜けることが出来るのだ。

彼には夢を実現して欲しいし、俺も彼を見習って男としてスケールアップしていこうと決意すると共に、別れ際俺は言った。



ひと段落ついたら、一緒に筋トレしようぜ。



声をかける 書評

先日twitterのタイムラインを眺めていて気になっていた、高石宏輔氏著「声をかける」を読みました。


前作の「ラポールと身体知」は未読なのですが、今作はよりナンパに特化した物という事で興味があったのです。


本作は小説のような形式を取っているのですが、読んでいてすぐにほぼノンフィクションだろうなと感じました。

ナンパによって出会う女性達との関係が生々しく描写されており、リアルな人間同士のコミュニケーションがフィクションとは思えないレベルで描かれていたからです。


主人公はコミュニケーションが苦手な男であり、そんな男が初めてナンパをする時、第一声を発する際に直面する心情、葛藤などはナンパ経験者で、特に非モテ出身ならほとんどの人が共感できるんじゃないかというくらいリアルな描写がされており、最初から興味をそそられました。


そして登場人物の女性達のどこか歪な感じが生の人間であることを感じさせ、また接している内に好きになったり嫌いになったり、表には出してはいないけれど、揺れ動いている心情の描写がとても繊細で、よりノンフィクションの印象を強めていました。


ナンパのシーンにおいて、主人公は一般的にイメージされているナンパの第一声や、とにかく冗談やユニークな切り返しで笑わせる手法とは異なった、相手と同調していって心に入り込んでいくような、そんなコミュニケーションの方法・ナンパ手法を取っていて、実際に街に出て活動している人にとっては新鮮な学びがあります。


小ネタのような形で元有名講師である公家シン◯さんと思しき人物との出会いが書いてあったり、また恋愛工学で有名なセック◯トリガーの裏付けになるような体験をしていたりと、ナンパに興味関心がある方なら楽しめるんじゃないかという内容があり、またとにかく主人公の内面描写が繊細に描かれているので、女とデートしている男がどんな事を感じ、思っているのか興味がある女性にも、学びがあるのではないかと思いました。


恋愛工学の「僕は愛を証明しようと思う」が、恋愛活動へのモチベーションを上げるための創作であるとすれば、こちらの作品はとにかくナンパのリアルを描いた作品だと言えます。

経験問わず、ナンパに興味がある方は楽しめるのではないでしょうか。

声をかける

声をかける



男達の理想郷 サントリー「頂」

またもや素晴らしいCMが、ネットでの炎上により放送中止に追い込まれてしまいました。


もうテレビで見ることはできない、貴重な映像です

https://m.youtube.com/watch?v=ZPp2wlYpHvs


何がいけなかったのか、オッサンの僕にはわかりません。

一つ言いたい。

そもそもテレビとは、何も持たない我々のような凡人に、夢や理想を提供するものではなかったのかと。

それは番組に限らずCMにも言えることです。


ぶっちゃけ、出張先で我々普通のオッサンが出会えるのなんて、商談先のオッサンか、カウンター越しに見えるオッサン店長か、居酒屋の壁か定まらない焦点で見る、向かいの空席かくらいが関の山じゃないですか…


こんな都合よく美女が現れて、一緒に飯食って、飲んで、こっくぅ〜〜ん♡なんて言ってくれないんですよ。


そんな殺伐としたオッサンライフに刺す一筋の光、胸を熱くさせる理想、それがこのCMだったのではないかと。僕は思うんです。

今回の出張には、こんな楽しみがあるのかもしれない。

美女達を唸らせる「頂」、どんなもんか飲んでみたい。


潰えてしまったけれど

このCMに詰まっていたのは、そんな夢・・・




スマホを四六時中いじる人が増え、テレビ業界の衰退が騒がれている昨今において、本来の役割を全うしようと尽力した制作スタッフ、開発資金を提供したサントリー始め、制作に関わった全ての人達に限りない感謝の心を持ってお疲れ様と、ありがとうを言いたい。


せめて、我が家のテレビ…23インチの大画面で一緒にこっくんしたかった。頂まで登りつめたかった。


その辺のおっさんさくらいは、サントリーと頂を応援しています。


http://www.suntory.co.jp/beer/itadaki/?transfer=mobile_to_pc&_ga=2.37264935.680200266.1499485833-888999687.1499485833&o20=true