俺の落書き1号店

持たざるリーマンが試行錯誤した結果

米山県知事が教えてくれた、男にとって1番大切なもの

福田事務次官と米山県知事の話題で世間が盛り上がっていますね。

個人的に福田さんの件は男目線から見てもアウトな気しかしないので何とも言えないのですが、米山さんの件は本当に同情する気持ちでいっぱいです。

だって、知事という肩書きがあっただけで年齢的にもセーフな女性とデートして、要求されたデート代払っただけじゃないですか!

僕は初めて事件の詳細に目を通した時驚きました。
なんならコレ、こないだ記事にしたp活http://takoyaki33kun.hatenadiary.jp/entry/2018/04/11/153809の綺麗なやつやんかと。
前回調べた時は年齢だけが法に触れる要件だと思ってたのに、そもそもp活アウトだったんかと。

それならこのまま消滅してくれると嬉しいと僕は思う。

話を戻しまして。
どこで出会おうが個人の勝手だし、会見の内容が真実だとするとホントに好きだっただけだし、金を出し渋って1〜2万で考えてるとも言ってないし、無理矢理でも無いし、4回も韻踏むくらい何も悪い事してないのにと僕は思いますが、結局公的な立場のエラい人という、世間が抱くイメージを守るため、彼は辞職せざるをえないことになってしまいました。

どうすれば今回失脚しないで済んだのかと考えて、ひとつの仮説に辿りつきました。

コレを見てください。

圧倒的イケメン、玉木宏さんです。
f:id:takoyaki33kun:20180419194127j:plain


彼が東京大学理科Ⅲ類を出て、医師免許を取得し、さらに司法試験にまで合格という経歴を持っていたとします。

これでハッピーメールに登録したら、どうなるでしょうか。

間違いなく数多の女性から矢のようにメールがくるはずです。
f:id:takoyaki33kun:20180419194706j:plain

もちろん向こうからくるから、金銭を要求されながらデートなんてことはありえません。

という事は、そもそもp活疑惑も無いのでメディアのネタにすらならない。
つまりハッピーメールで失脚なんてストーリーがそもそも起こらないのです。


てか、既に美人な奥さんと結婚してて順風満帆に外でも遊んでるやろって話なんですが(笑)


簡単に対比してみると

ルックスが米山氏

・独身でモテない

・JDとデートにお手当3万払わなきゃいけない

・ガチ恋してフラれた上に、悪い事してなくても失脚


ルックスが玉木宏

・ほぼ確実に美人妻と結婚してる

・どこで出会っても女から寄ってきてデートできる

・件のような輩は相手にする必要が無いの上に、フラれるのは別の彼氏の方であること確実なので、あんな失脚の仕方はありえない

…ルックス変えただけで、世界真逆やないかと。
他条件一緒なのに…ルックス…顔…顔変えただけなのに…
f:id:takoyaki33kun:20180419195950j:plain

全てを守るために、人生を謳歌するために男にとって1番大切なものは、結局顔やったんや…

わからないフリしてただけだけど、衝撃の真実の裏取れてしまったことによるブサメンの絶望感…ハンパないって。

男は結局顔。この圧倒的現実を、米山先生は教えてくれた。


〜完〜


長々書いてきといて、結論はもうtwitterで出てるとかいうクソ落ちで申し訳ない。


現実がわかったところで何も対策出来ないのでは能がないということで(笑)
非イケメンの持たざる男達はどうすればいいのか。
僕はこれについて、男達が持つべきものは結局、どんなに切り捨てられようと女に積極的にアプローチしていく勇気、これ以外に無いんだと改めて思いました。

男の人生にとって避けては通れない、金と女の問題ですが、今回の件は金さえ稼げば、偉くなればいくらでもモテるから、金にだけ尽力すべき派に大打撃を与える事件でした。

金さえ稼げば派がやりがちな大きな間違いは、結局得意分野の金によって女までなんとかしようとするところです。

海外発のナンパバイブル、The Gameに出てくる名言の1つ「人は魅力でしか縛れない」の通りで、金で女の心は買えません。
一時的に手に入ったように見えるだけです。

人間の脳は石器時代からあまり変わっていないので、本能でする恋愛という分野において、直接誘う勇気が無いからと当時存在しなかった金なんぞで女の気を惹こうという、軟弱な考えが女の嗅覚で判別されてしまうのでしょう。

だからどれだけ金を、地位を持ってようが男として裸一貫で女にアプローチする勇気がない奴はダメだということです。

男の人生で1番大切なものは顔かもしれない。

しかしイケ面を持たざる僕達が女問題を解決するために、1番大切にすべきなのはビビらずにアプローチする勇気を持つこと。


この事実を、人生を賭して男達に教えてくれた、米山先生に限りない感謝。



参考文献
こちらは評価★5つ欄の1番下の方ある"サウザー氏"のコメントを特に読んでいただきたい。

ぼくは愛を証明しようと思う。 (幻冬舎文庫)

ぼくは愛を証明しようと思う。 (幻冬舎文庫)


ザ・ゲーム フェニックスシリーズ

ザ・ゲーム フェニックスシリーズ