さくらいの落書き

ノージャンルのブログです。

男の恋愛逃げによる弊害

どうも。

少子化を憂いていたら、何でお前が国の将来の心配してんの?wと煽られた男こと、さくらいです。


俺は日本人大好きで、日本人女性大好きだから、数が減ったら悲しいです。憂うのは当たり前やないですか!!


と、本音100%の冗談はさておき


20代童貞率4割超えの日本人男の現状を自然の摂理だ。非モテは迷惑だから頑張らなくて良い、という意見に対し、いいねをポチってしまう女性陣に伝えたい。


これは、恋愛離れならぬ、恋愛逃げ(実際そうなんで厳しいこと言います)は男だけの問題じゃないぞ?と。


もし、このまま打開策もなく、非モテ(思い込んでるだけかもしれない)男を勇気付ける事もなく、恋愛、結婚が2人に1人とかの贅沢品という位置付けになってしまったとしよう。


それはつまり、市場にいる男が半分になるってことです。


いなくなった半分には、もちろん金持ちのハイスペもいるでしょう。

社会的スペックというのは、全体で見れば椅子取りゲームです。

ハイスペになれる数は限られてます。


その椅子を、もし恋愛から降りた男達が半分取っていたら?

仮に、1馬力プラスαでなんとかなるくらいの収入の男が全体の5割いるとしても、その中で結婚出来る男が25%しかいなくなります。

もっと上の、裕福な暮らしができるハイスペに限ったらさらに減るでしょう。


大体、非モテが頑張っても迷惑だからそのまま逝ってよしという女性は、既に本命の結婚しそうな彼氏がいるか、既婚の方です。

もう1抜けたって人達です。



恋人がいる割合を調査すると、大体いつも男女で10%ほど開きが出ますね。

若い頃は男の方が総数が多いんですが、流石に10%も開きはありません。

じゃあ、この差はなんなんでしょうか。



これは二股かけられてる女がそれだけいるってことです。



私は彼氏いるし、非モテ男のことなんか知ったこっちゃ無い!

・・・ですか。そうですね。

ところでその彼氏、本当に貴方が本命でしょうか。

貴方と結婚する気、あるんでしょうか。



男の半分が恋愛市場から降りるという事は、一夫一妻制をとっている限り、女の半分も降りなきゃいけなくなるという事です。


女は若い頃モテるので、彼氏が出来ずに終了ってことはそうそう無く、大抵の人は彼氏持ち期間があると思います。

しかし、最後は男1人と女1人が結婚するわけで、選ばれなかった女は結婚を諦めた男の数だけ、諦めざるをえないのです。


既に、行き遅れ女性を描いたタラレバ娘って漫画が、世間に共感されてドラマ化されるくらい、結婚できるか微妙な女性が増えていますね。

このまま男の恋愛逃げが進めば、今の比じゃなくなります。


たまに勘違いされている方がいますが、恋愛は成就すれば、お互いが勝者になれるもんです。

本当です!



そして、選択肢は多いに越した事は無い。

自分は一握りのハイスペイケメンを捕まえる自信があるから問題無いって方は別として、男に恋愛を頑張るよう促すのは、基本的には女性にもプラスしか無いんですよ。

頑張ったら、魅力的になる男がいるかもしれない。


いじけてる奴が周りにいたら、disるんじゃなくて応援してやってください。

そうすれば、あなたのタイプじゃなくても、彼を好きになって幸せになれる人が増えます。

そして、その子が彼とくっつく事で、別の男があなたの選択肢として増えるんです。



自分のことばっかりじゃなくて、全体を見て、みんなの幸せを考えませんか。



しあわせになろうよ

しあわせになろうよ



広告を非表示にする