さくらいの落書き

ノージャンルのブログです。

緑の純恋歌

バレンタインデーの昼下がり、非モテの俺はベッドの上で地蔵のように動かず、引きこもっていた。

原因はこいつである。(元々予定もない)


酒の弱い俺が2件もハシゴして散財した挙句、何も得られなかったという、まあいつもの光景です。


腹を減らした俺は、昨日Twitterのタイムラインに影響されて作った親子丼の残りを食べようと思い、大きさMONGOL20くらいの小さな小さな俺の蔵(冷蔵庫)を開けた。


とたんにメロディが流れ出す


蔵開けれ〜ば食材(余り物)と(昨日の)飯。一番デ〜かいお前がいる


お前とは、6日前くらいに作った鍋の残り食材、緑(キャベツ)のことだ。


親子丼に浮気して、本来作るはずだった回鍋肉を作らなかったことによる後悔と、6日前の食材というヤバい感が襲ってくる・・・


初めて一途に〜なれーたよーうぉう

ボロ屋で食らう〜ぼっち飯〜


昼の調理と、メイン食材が決まった瞬間である。


ここは昨日の初心に帰って


そうだ、回鍋肉作ろう。


しかし、豚肉ねえ!ピーマンねえ!回鍋肉の素すらねえ!

オラこんな蔵いやだーオラry


ふと、自分に問う。俺は何者だ?散策師だ。そしてワープアだ。

散策師で、ワープア・・・



殆どの男が挨拶という名のナン○をすると言われる国、イタリア。

俺は1散策師としてその挨拶をする文化と、料理をリスペクトしている。

散策の基本は挨拶であり、ワインとチーズって言っとけば、大抵の女の子はなんとかなるからだ。俺の場合はならない方が多いけれども。

そして、イタリアには貧乏人のパスタと呼ばれる料理があった。




その料理の名は、ペペロンチーノ。



俺の蔵には、実家でもらったニンニクと使い切れず放置されていた鷹の爪、間違って二本買ったオリーブオイル、ベーコンエッグにするために買ったベーコンまでもがあった。


言っている。俺の蔵が、ペペロンチーノを作れと・・・言っている。


本日のメインディッシュが決まった瞬間である。


しかし、まだ問題があった。緑が、デカすぎる・・・

f:id:takoyaki33kun:20160214200757j:plain


使い切るにはもう一品必要だ。パスタだからスープか?

スープ、コンソメスープか。


ふと、蔵の中から俺を見つめるもう1つの視線に気づいた。

ずいぶん前から忘れられていた、マルコ○ミソである。


物事には始まりがあれば終わりがある。

製造年月日があれば、消費期限がある。

マルコはもう、終わりが近かった。使ってくれと言っていた。でも、今日はパスタなんだ。

俺は悩んだ。

と、その時、昨日のTwitter上でのタイムラインを思い出した。


パスタにはコンソメスープ?

いやいや、時代はミソスープだ。太閤も作ってるしな。


世の中はギブアンドテイクである。

そして時代はラブ&ピース、世界平和だ。

俺にナ○パの心とパスタを教えてくれたイタリアーノに、お礼と、友好の証として、大和魂の権化であるミソスープを届けようじゃないか。

届け!俺の心、ミソスープ!イタリアーノの心に届け!!

世界平和万歳っ!!



完成した。

f:id:takoyaki33kun:20160214201502j:plain

〜緑の純恋によるペペロンチーノとミソスープのセット

日伊同盟の心を添えて〜


材料はこちら


キャベツ1/8カット


玉ねぎ1/4カット


ベーコン使い切りサイズ1パック


鷹の爪2本


ニンニク2かけ


白ワイン適量


塩コショー適量


オリーブオイル


※野菜は適量を味噌汁に入れてください。


興味ないかと思いますが、一応レシピをw


パスタ

1.オリーブオイルをしいたフライパンで野菜とベーコンを中火で炒める。

2.しんなりしてきたら、白ワインを投入ししばらく炒める。

3.野菜を別皿に取り分け(取り分けなくてもいいです)、オリーブオイルを追加し、そこに刻んだニンニクと鷹の爪を加えて弱火で日を通す。

4.ある程度ニンニクに日が通ったあたりで火を止め、取り分けた野菜を加え、塩胡椒をふって味をつける。

5.茹でたパスタを絡めて出来上がり。


二口コンロであれば、同時進行で鍋で湯を沸かし、そこに野菜を入れて茹でれば、味噌汁が同時に出来ます。

パスタはこちらを使えば、さらに同時に作業できるので便利です。


レンジでパスタ 1.2L PS-G62

レンジでパスタ 1.2L PS-G62


ボロ屋で食らうぼっち飯には続きがあります

呟いたのは昼である。DMはまだない。