さくらいの落書き

ノージャンルのブログです。

報われない非モテコミット〜Onemoretime Onemorechance〜

非モテコミット(モテないやつが、この人しかいないと執着し、周りが見えなくなってしまうこと)は悪だ。


それは俺含め多くの男が経験しているし、絶対にやってはいけないと心に決めていた。


しかし、時にそんな誓いなど吹っ飛んでしまうくらいに、衝撃的な出会いはある。


君に初めて会ったのはいつだったか。確か、秋頃だったように思う。


どこの街だったかが思い出せない。第一印象が刺激的なわけではなかったから。


ただ、そこが世界最先端の某店だったことは確かだ。


赤に黄色のあのロゴマークは忘れようがない。


あの日君の存在に気付きながら、俺が指名したのは別の子だった。


でも、すぐそれを後悔したよ。あの子とは全く合わなかったんだ。

それは俺が求めていたのとは、ほど遠いものだった。


それから幾日か経って来店した時に、俺は初めて君を指名した。


正直に言って、衝撃を受けたよ。今までにない感覚だった。

この世界にはまだ、こんな素敵な出会いがあるものなのかと。


それ以降、俺は足繁く通って君を指名し、素敵な時間を過ごした。

あの時の俺は君に非モテフルコミットしていたよ。

僕愛の渡辺君もビックリするくらいにね。

ぼくは愛を証明しようと思う。

ぼくは愛を証明しようと思う。

君が好き。僕が生きる上でこれ以上の意味はなくたって良い。

それくらいの思い込みと共に情熱を注ぎ込んでいた数ヶ月だった・・・


しかし


ある日から、君が指名の多さゆえに早めの退勤をし始めるようになった。


仕方なく新人の子を指名したんだけど、まるで満足できない。

せっかく来たのに君に会えないなんて


僕はやだよ!君がいいよ!離れたくなーいなっ!!



それから、多忙故に店に行かないまま数週間が過ぎ、ついに君の名前が名簿から消えてしまった。



それ以来、腹の寂しさを紛らすだけなら誰でもいいはずだ、という気持ちで来店し、掃き溜めのような生活を続けている。

星の落ちそうな夜には、自分を偽れないのだけど。



秋の思い出が回る

ふいに消えた名前


いつでも探しているよどっかに君の破片を


旅先の店、広告の隅、こんなとこにあるはずもないのに


企画が繰り返すならば何度も君の元へ


奇跡がもしも起こるなら今すぐ君を食べたい


できないことはもう何もない


全てかけて噛みしめてみせるよ






ハムタス!!!




ワープア散策師さくらいは、日本マクダーナルッ!を応援しています。





広告を非表示にする