さくらいの落書き

ノージャンルのブログです。

僕は鍋を証明しようと思う。

「青果コーナーで出会ったキャベツはどうなった?」

「最初に行った1/4カットが上手く行きましたよ。鍋の素の支持通りの分量です。あとはいつものようにザク切りにしました。」
f:id:takoyaki33kun:20151231154007j:plain
f:id:takoyaki33kun:20151231154128j:plain

「にんじんは?」

「この前インスタントラーメンに入れた残りですね。冷蔵庫から取り出して皮むきフェーズをクリア。その後の拍子切りルーティーンでなんなく鍋にぶち込みました。」
f:id:takoyaki33kun:20151231154208j:plain

「もう一つ、青果コーナーでいい感じに安売りされてたのあったよな、何だっけあの白いの…」
f:id:takoyaki33kun:20151231154358j:plain
「エリンギだったら人参切った後に、軽く水洗いして、あっという間に拍子切りにしてやりましたよ」

僕はそう言って、携帯に残っていたカット済みのエリンギの画像を見せた。
f:id:takoyaki33kun:20151231154251j:plain
「完全に火の通り易い大きさになってますね」

その男はやれやれといった表情で僕を見て笑った。
僕も笑い返す。

1kの狭いアパートの天井を見上げながら静かに乾杯をして、暖かい鍋を口の中に押し込む。
年末を迎えた東京の空気は限りなく透明で、隣に建ち、俺の部屋への日差しを遮っている一軒家の壁がはっきりと見える。
申し訳程度に入った西日で、わずかに舞った埃がキラキラと輝いている。

「この安アパートは、僕たちのちっさい鍋パランドみたいなもんですね」

「ああ、格安のな」


彼に出会う前まで、僕はファーストフードとコンビニ弁当を繰り返す、その他大勢の野菜不足男のひとりにすぎなかった。
常食まで考え、すべての野菜補給の頼みの綱にしていた野菜ジュースに飽きてしまい、心機一転青汁に手を出すも味がどうしても受け付けず、成人病まっしぐらの人生を送っていた。
しかし、彼が教えてくれた数々のテクノロジーが僕のすべてを変えたのだ。
今日の朝、近場のスーパーで彼を偶然見つけた。それから東京を舞台に、地味だが最高に健康的な僕の鍋食生活がはじまった。
僕は男の(健康への)欲望を実現するための味の〇テクノロ ジーを手にしてしまったのだ。

鍋パ工学。

今では洗濯や掃除など様々な分野が、一人暮らしの人達によって行われている。かつては主婦達がガッツで回していたこうした業界は、日用品を開発するメーカーの努力によって、働きながらでも行うことが可能になっている。
だったら、鍋だって同じことになりはしないだろうか?
答えはイエスだ。
鍋の世界でも、恐ろしく便利なテクノロジーが密かに開発されていたのだ。
f:id:takoyaki33kun:20151231170054j:plain

”Nabepeople always will win”
(最後はいつだって、鍋ピが勝利する。)
f:id:takoyaki33kun:20151231170307j:plain








まあ、鍋パ約束してた子にドタキャンされたけどねww


鍋ってなんか敬遠してたんですが、初チャレンジしてみました。先日友人にご馳走になったトマト鍋とすき焼き鍋、豚肉を使った鍋が美味しかったのがきっかけで作ってみました。


鍋、楽だし野菜食えるし、せっかく買ったのに眠ってたシャトルシェフは出番がくるしで、最高ですね!

THERMOS 真空保温調理器 シャトルシェフ 2.8L アプリコット KBF-3000 APR

THERMOS 真空保温調理器 シャトルシェフ 2.8L アプリコット KBF-3000 APR





次は、街で声かけたよくわからん子じゃなく、「彼女と鳥を使った塩鍋を楽しもうと思う」ww


画像の鍋キューブ、口がチャックになっていて少しずつ使えるので、一人暮らしに便利です。


鍋もラーメンドンブリで食べましたww


はじめてだったけど、冬はやっぱ鍋ですね(笑)