さくらいの落書き

ノージャンルのブログです。

相性のいい恋人とは

最近、本当に自分が目指している恋愛の形とはなんなのか、ということについて考える頻度が増えてきたので、中身のない記事ですが、書いてみたくなりました。
(はい。お〇にーです(笑))

今回は特にこの2つの記事に触発されました。

ヒデヨシさんの俺の遺言を聴いてほしい
http://oreno-yuigon.hatenablog.com/entry/2015/10/02/015427

タカシさんのタカシの記録
http://kodatakashi.hatenablog.com/entry/2015/10/01/170220

以前からそういった話題はあったのだけど、最近Twitter(主に恋愛工学界隈)を見ていてその傾向が強まってきているように感じました。
タカシさんがこの手の話題について発信されたことは、少なくない影響を与えたんじゃないかと思います。

皆恋愛工学やPUA理論を学ぶことにより、昔に比べ遥かに早いペースで交際、セクに至るなど結果が出るようにはなったけれど、何か満たされない、自分が本当に望んでいるもの、いたものはこれだったのか?
そう考える段階に入った人が多くなってきたのだと思います。

俺自身も自分がこうしたい、と思った事よりも、より結果が出そうな選択をすることが増え、昔ほど失敗はなくなったのに達成感はイマイチ、むしろ相手が食いついた、セクできた瞬間の一瞬の興奮のみで終わってしまい、どんどん相手に対する気持ちが薄くなっていく、というのを実感しています。

初めてセクした瞬間が恋愛のピークなのは、男なら当然なのかもしれません。
ですが、テクニックを使って思い通りに恋愛が進むと、目的が達成できたことに対する一瞬の満足感があるだけで、相手への情熱が萎むのが早過ぎる・・・
その事に対する考察を上記の記事にてヒデヨシさんはされています。

恋愛工学では、何度もセクした後の安定した関係においてフルコミットすべきだと言われていますが、ヒデヨシさんのおっしゃるように、初速がその恋愛全体の盛り上がりにおいて重要であることは事実で、結局、満足のいく恋愛をするためにはセク前においても金、時間、気持ちを入れこんでコミットしなければならないように思います。

恋愛ってなんだか課金ゲーみたいなものですね。
中途半端にヌルくプレイしているだけでは満足できないようになっている。

しかし、色々注ぎ込んでコミットし過ぎると今度は非モテコミットによる失敗という問題が出てきます。
こっちが入れ子み過ぎると相手が温度差を感じてひいてしまうわけです。

大抵の人が当てはまると思うんですが、コミットされる側って楽なんですけど、イマイチ満足できないんです。
逆にコミットする側は大変なんですけど、相手からのちょっとしたレスポンスが凄く嬉しく感じて満足できるという・・・

元々あまり異性を好きにならず入れ込まないタイプである一部の人(場合によっては最高の資質かも)を除いて、男も女もある程度相手にコミットしないと、恋愛の満足感って得られないのかもしれません。

難しいのは、恋愛というものが一人の人間の愛情の総量を10とすると、二人で足して20ではなく、二人で足して10になる関係だということです。

例えば、デート等で尽くされすぎてしまう(相手が8、9出す)と、自分が相手に対して出来ることがなくなってしまって、結局大して返さない(こちらは1)のが当たり前になり、その状態で落ち着いてしまいます。

何人も彼女を作って愛情を分散させると、なんか物足りないんだけど彼女達は尽くしてくれたり、すごく尽くしてくれる彼氏と付き合うと、刺激が欲しくなったりするのって、自分が2とか3しか出さないから相手がもっと返して欲しくて7、8出してる状態なんじゃないかと思います。

そして、余力がある方は相手の事を重く感じて嫌になってしまったり、満足出来ないから他の相手に分散させてしまったりする。

しかし、分散させて3対7を3つ作っても一つ一つの関係で満たされていないから結局満足できない。


二人とも満足するには、限りなく5対5に近い関係を気付くか、元々総量の少ない一部の例外タイプを好きになり、7対3くらいで落ち着くかのどちらかしかないのではないかと思います。

ほとんどの人にとっての理想の形(5対5の関係)は、自分が良かれと思ってとった行動が裏目に出ることなく、相手にとって心地良いものである、とお互いが感じられる関係でないと作れません。

例えば、自分は頻繁に連絡を取り合うのが好きじゃないから、相手にも迷惑じゃないように頻度を少なくしたら、相手は連絡を多く取り合いたいタイプだった、という感じで噛み合わない事が重なると、段々バランスが崩れていき、どちらかが尽くしすぎたりするようになってしまうからです。

他にも好みの外見、社会的スペック、身体の相性があるわけですが、上の条件を満たす相手を見つけるだけでも相当数をこなす必要がありそうです。
しかも、自分が満足するために相手に結構なコミットをしながら・・・
長年ラブラブでいられる夫婦が少ないのも当然かもしれませんね(笑)


僕が愛を証明するには、まだまだ時間がかかりそうです。