さくらいの落書き

Twitter芸人の自由帳。

脱非モテマインド

非モテにおける重要項目の1つ、恋愛するに当たって絶対に克服すべき非モテマインドというものがあります。

まず非モテマインドにより起こされる悲劇について挙げると、

1.女性から便利で逆らわない男と認識され、搾取され続ける。

2.なんとか付き合うことが出来ても長続きしない。

3.浮気等の裏切り行為をされてしまう。

最低でもこの三つは堅いかなと。良くあるパターンのいい人で終わるというのもこれのせいです。
俺も浮気以外は経験しています。

では非モテマインドとは何なのか。
端的に言ってしまうと、自分の価値を低いと思い込み、女性を見上げてしまう媚びへつらい精神のことです。
これにより女から見下されたり、舐められたりした挙句、上で書いたような悲劇が起こります。

この非モテマインドというやつは本当に厄介で、世に蔓延る女性を大事にすべき論と、恋愛市場における若い女性の優位性により、ほとんどの非モテ男にデフォルトで備わってしまっているものです。

昔の俺や恋愛経験の乏しい友人、知り合いを見ると一発でわかるのですが、とにかく女性に対して媚へつらってしまっているのです。
女性の意見には何でもyes(デート中に共感を示すことは大事ですよ)、奢って当然、俺なんかと会ってくれてありがとう、そんな奴隷のような精神満載の言動をしてしまっています。
マインドのせいで、挙動からビビっていて下手に出てる感が凄く出てしまうんです。
これに関しては非モテの仲間達と合コンをして、彼らの様子を見るとどういうことかよくわかります。
目を合わせない、ひたすらよいしょしかしない、自虐のオンパレード等々…昔の俺もこんな感じだったんだろうなと思うと、これじゃ無理だわと思いました。

若い頃は大抵女性の方が恋愛市場において価値が高く、男の非モテなんて価値で言えば底辺です。
それ故媚びてしまうのは自然な流れではありますが、この行動、態度がとにかくモテません!
その理由を論理的に説明してくれている、ぼく愛書評・byサウザー氏を読んでいただきたい。(評価5の下の方にあります)
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/cr/4344027787/ref=mw_dp_cr

多少の誇張表現はあるものの、ここに書かれていることは正しいと思いました。
自然界の掟の中で考えれば、力があり、強くあるはずの男がなぜ若い女に媚へつらうのか理解し難いだろう。それ故キモイ!
女の本能にはそう映ってしまう。


ではどうすればいいのか。
持つべきマインドとして次の4つを意識して欲しい。

1.こちらが既に惚れていること、市場価値による立場の上下はないのだと考えること。
男は見た目で好きになる。そういう生き物です。最初に惚れるのがこっちであることは当たり前であり、だから向こうが上とか考えなくて良いです。
対等だという意識で接しましょう。
さじ加減が難しいんですが、デートではサービス精神を持ちつつも、下手に出てはいけないのです。この辺は経験しながら学ぶしかないのですが。

2.自分は相手が惚れてもおかしくないだけの魅力があるのだと思い込むこと。
自分の価値を過剰に低く見せるような言動はやめ、自信を持って会話することで、媚び感が出なくなります。

3.結果が出なかったとしても、たまたま合わなかっただけ、もしくは相手に見る目がなかっただけだと考えた上で、何か自分の行動に悪い点がなかったか探り、改善策を考えて次回に活かす。
やっぱり自分はダメなんだ、なんてネガティブ思想はやめ、ダメだったと思う部分の改善にだけ力を入れる。

4.女の候補は他にもいくらでもいる、という意識でアポに臨む。
PUA理論の失う覚悟を持つ、と同義です。見苦しく食い下がっても、女性は一度判断したノーを取り消す事はほぼありません。次にいきましょう。

これらをとにかく意識し、胸を張って、しっかり相手の目を見て、堂々と接しましょう。
この意識+成功経験を積むことでどんどんマインドが改善し、結果が変わってきます。

普段から周りに低姿勢過ぎる人は、多少上から目線で行くくらいの心構えでいいと思います。
昔ホストが、女にはオラオラで行くのが一番ウケがいいと言っているのをテレビで見た記憶があるが、最近ようやっとその意味がわかってきた。
下から媚へつらうくらいなら、上から目線で対応するくらいの方が女ウケが良いのです。
一番マス層にウケが良いのはちょい上で引っ張っていけるスタンスかなと思いますが。

そもそも、上からでうざいなんて言われる男は、言う女がその男に価値を感じていないというのが根本の原因であるため、仮に下からいったところで形勢逆転するものではないです。

マインドは上記の点を意識してデートに臨みましょう。

広告を非表示にする